TECHNOLOGY3D検査のテクノロジー

従来の画像処理を使用したインライン検査の課題を3Dマシンビジョンで解決します。
各検査用途に最適な3次元計測手法、最新の3Dセンサーについてご紹介します。

3次元インライン検査とは製造ラインの全数検査実現手法

インライン検査とは工場などの生産ラインの中で行う検査工程のことです。
インライン検査を導入することで、製造した製品全てを検査する全数検査を容易に行うことができます。
本記事ではインライン検査のメリット/デメリット、検査システム構築のポイントについて解説します。
また2Dと3Dの画像検査の違いについても紹介します。

詳しくはこちら

3Dセンサーとは各種計測手法と使用用途を解説

3Dセンサーとは対象物の3次元形状を計測するセンシング機器のことです。
一般的なカメラ(2Dセンサー)は2次元の明暗情報を取得します。
一方、3Dセンサーは2次元データに加えて高さデータが取得できます。
本記事では、3Dセンサーの種類を計測手法別に解説。
また、3Dセンサーの用途と具体的な製品例もまとめます。

詳しくはこちら

3Dセンサーカタログ・資料はこちら

資料ダウンロード

3次元インライン検査のご相談/3Dセンサー機器選定のご相談はこちら

お問い合わせ