MERLIC 5.5 リリース!AI機能も評価可能な無償トライアルはこちら

MVTec Software MERLIC 画像処理アプリケーション開発ソフトウェア MERLIC

MERLICはプログラミングレスで画像処理アプリケーションを短時間で構築できるソフトウェアです。
画像処理の専門的な知識を持たずとも直感的なマウス操作だけで高機能な処理フローを作成でき、GUIの構築までを包括した”all-in-one”の画像処理ツールです。

製品概要

「難しい」ことを「簡単」に 処理フロー作成・外部機器とのインターフェース・GUI作成

特徴機能:ディープラーニング

MERLIC5では新たにディープラーニング機能が追加されました。

ディープラーニングを使用することにより、複雑な特徴量解析や抽出アルゴリズムを組むこと無しに、画像の良否判定を行うことが可能です。
MERLIC5では、「画像分類」「アノマリー検出」の2種類をご使用いただけます。

  • 画像分類

    画像分類は、画像がOK・NG等のどのクラスに属するかを分類します。
    画像をご用意いただくのみで学習することが可能です。
    また、良否の2クラスだけではなく、多クラス分類することもできます。

  • グローバルアノマリー検出

    ファクトリーオートメーション業界は日々生産工程の改善に力を注いでおり、不良品の製造工場ではないという理由から、十分なトレーニングデータの収集が難しい場合が多々あります。本問題に対応すべく、『HALCON』では良品画像のみで学習可能なアノマリー検出を更に発展させ、ピクセル単位で判断できる局所的な欠陥だけでなく、位置ずれや有り無しなど周囲との相対的な関係性を考慮した検知を実現しています。

  • 特徴機能:Deep OCR

    MERLIC5.1ではディープラーニングを利用した文字認識「Deep OCR」が利用可能になりました。文字領域の抽出も、文字読み取りも、Deep OCRを用いて包括的に実行されます。
    Deep OCR機能はディープラーニングアドオンの有無に関係なく、すべてのMERLICライセンスで利用可能です。

特徴機能:Easy Touch

MERLICのユニークな特長機能のひとつが「easyTouch」コンセプトです。

MERLICでは「easyTouch」コンセプトにより、例えばユーザーが画像上にマウスオーバーすると、選択しているそのオブジェクトを抜き出すために最適な内部パラメーター設定を自動計算し、即座に結果を確かめることができます。
そのままクリックすると、処理が確定されます。もちろん確定したパラメーターを後から手動で微調整することも可能です。

このように、ユーザーがインタラクティブに画像処理ロジックを組むことができる、直感的で新しいアプローチが「easyTouch」です。

  • 検出領域の自動判定

  • 形状の自動検出

  • 読取領域の自動判定

  • マッチングモデルを
    ワンクリックで設定

豊富なツールライブラリ

計測

計測 計測 計測

読み取り

読み取り 読み取り 読み取り

位置決め

位置決め 位置決め

欠陥検出

欠陥検出 欠陥検出 欠陥検出

3次元画像処理

3次元画像処理 3次元画像処理 3次元画像処理

技術トレーニング

MERLICの特徴と基本的な使い方を皆様にご理解いただくことを目的としております。 MERLICを使用したアプリケーション構築の流れをご紹介し、画像処理だけではなくカメラとの接続からGUIの構築、外部機器との接続まで簡単に行えることをご覧いただけます。

MERLIC 基本
MERLIC 画像処理アルゴリズム作成
MERLIC アプリ作成1(Creator・Frontend Designer)
MERLIC アプリ作成2(実行環境設定)

用途に応じた最適なエディション

カテゴリSmallMediumLargeX-Large
カメラ接続台数
1台
1台
~2台
~2台
~4台
~4台
~4台
~4台
MERLICクリエイターの利用
各種ツール
easyTouch
外部機器連携※1
画像取得
ユーザー管理
レシピ管理
HALCONエクステンションツール※2※3※3※3
ディープラーニング機能※3※3※3
スクロールできます
スクロールできます
  • 1デジタルI/O(※1)や通信プロトコル(OPC UA/MQTT)を利用し、PLC(programmable logic controller)との通信を行うことが可能です。
    またMERLIC (SDK) によりプラグインを実装することで、任意のデバイスとの通信を行うことが可能になります。(対応I/Oデバイス:Advantech、Contec、NIDAQmx、Hilscher cifx cards)
  • 2HALCONのプロシージャをMERLICの基本ツール群に追加する事で機能をカスタマイズできます。
  • 3本機能はオプション機能となります。

機能一覧

機能一覧機能説明
画像取得 ・カメラから画像を取得
・ファイルから画像を取得
キャリブレーション ・カメラキャリブレーション
・ピクセルサイズを決定
・画像を補正
・キャリブレーション原点を設定
アライメント ・画像をアライメント
・マッチングによるアライメント
・直線境界でアライメントを決定
前処理 3次元高さ画像 ・ディスパリティを高さ画像に変換
・表面の水平調整
・アウトライアーピクセルを削除
・グレイ範囲を8ビットにスケール
色変換 ・色チャンネルを取得
・グレイ値を反転
・色空間を変換
・グレイスケール画像に変換
画像変換 ・画像を切り抜く
・画像をミラーリング
・画像を回転
・画像をズーム
ROI作成 ・円を作成
・近軸長方形を作成
・点を作成
・長方形を作成
・セグメントを作成
フィルター ・明るさを適合
・グレイモフォロジーを適用
・ピクセルタイプを変換
・シェーディングを補正
・エッジを処理
・画像を結合
・画像ノイズを削減
実処理 確認 ・グレイ値特徴による有り無し検査
・マッチングによる有り無し検査
カウント ・バックライトでカウント
・似たようなグレイ値のオブジェクトをカウント
・不均質な背景でカウント
・マッチングでカウント
計測 ・円を計測
・ラインを計測
・エッジを計測
・エッジのペアを計測
・同一線上のエッジを計測
・外れ値を計測
・平行なエッジを計測
・エッジの間隔を計測
複合計測 ・円近似
・線近似
・円から点への計測
・円から線分への計測
・点から点への計測
・線分から点への計測
・線分から線分への計測
読み取り ・Aztecコードの読み取り
・バーコードの読み取り
・ECC200の読み取り
・PDF417の読み取り
・QRコードの読み取り
・テキストや数値のの読み取り
位置決め ・明るい先端を特定して位置決め
・バックライトで均質なオブジェクトを位置決め
・似たようなグレイ値のオブジェクトを位置決め
・マッチングで位置決め
欠陥検出 ・キズ欠陥を検出
・シミ欠陥を検出
・欠陥のかたまりを評価
ディープラーニング ・画像分類
・グローバルアノマリー検出
・Deep OCR
後処理 ・領域モフォロジーを適用
・統計データを取得
・円プロパティを取得
・画像プロパティを取得
・近軸長方形プロパティを取得
・点プロパティを取得
・長方形プロパティを取得
・線分プロパティを取得
・領域を統合
・領域を指定の形状に変換
判定 ・条件分岐
・輪郭を判定
・式を判定
・領域を判定
ファイルアクセス ・ファイルから読込
・ファイルから領域を読込
・画像をファイルへ保存
・領域をファイルへ保存
・ファイルへ保存
通信 ・ディジタルI/Oで通信
・OPC UAで通信
・シリアルインターフェースから読込
・ソケットから読込
・シリアルインターフェースへ保存
・ソケットへ保存
システム ・情報を遅延
・実行情報の取得
その他 ・Hilscher PCIカードのセットアップ
・Hilscher PLCのセットアップ
スクロールできます
スクロールできます
  • ※印はMERLIC5からの新機能になります

推奨環境

MERLIC5

  • Windows: Windows 10(64 bit) x64 プロセッサ
  • Google Chrome 94.0.4606.61以上
  • Mozilla Firefox 93.0 以上
  • Internet ExploreおよびMicrosoft Edgeではアクティベーション不可

推奨構成

MERLIC のポテンシャルをフルに活かすには、以下のシステム構成のコンピュータで MERLIC を使用することをお勧めします。

コンポーネントプロパティ
CPUx64 クアドコア (2.50 GHz)
メモリ4 GB
グラフィック1920×1080、32 ビット カラー、OpenGL 3.0
ハードディスク3.5 GB (フルインストール)
スクロールできます
スクロールできます