• 物流・3PL業界

  • 食品製造業界

  • 建材・住宅設備業界

  • 自動車製造業界

  • Gocator導入事例

全数検査の常識を変える
3Dマシンビジョン

LINXのマシンビジョンに関する豊富なノウハウと
様々な計測手法における3Dセンサーの取扱経験から
インライン検査における課題の最適解を提供します。

資料ダウンロード

全数検査をあきらめない
『3次元』インライン検査

製品製造の自動化が進むにつれ全数検査に要求される検査精度・速度は
高まる一方です。
2D+3Dのデータを使用することで3次元的に寸法計測や外観検査など多くの項目を
一度に検査できる『3次元』インライン検査が今注目を集めています。
検査用途別に最適な3次元計測手法、最新の3Dセンサーについてご紹介します。

TECHNOLOGY 3D検査のテクノロジー

3次元インライン検査とは 製造ラインの全数検査実現手法

インライン検査とは工場などの生産ラインの中で行う検査工程のことです。
インライン検査を導入することで、製造した製品全てを検査する全数検査を容易に行うことができます。
本記事ではインライン検査のメリット/デメリット、検査システム構築のポイントについて解説します。
また2Dと3Dの画像検査の違いについても紹介します。

詳しくはこちら

3Dセンサーとは 各種計測手法と使用用途を解説

3Dセンサーとは対象物の3次元形状を計測するセンシング機器のことです。
一般的なカメラ(2Dセンサー)は2次元の明暗情報を取得します。
一方、3Dセンサーは2次元データに加えて高さデータが取得できます。
本記事では、3Dセンサーの種類を計測手法別に解説。
また、3Dセンサーの用途と具体的な製品例もまとめます。

詳しくはこちら

CASE STUDY 3次元インライン検査 業界別事例

検査の自動化における課題と「3次元インライン検査」導入による解決事例です。
さまざまな業界の具体的な工程・対象物における検査課題の解決・改善例を紹介します。

3Dセンサー 業界別適用事例

具体的な導入事例を見る

建材製造業インライン検査(外観検査)Gocator導入事例

建材製造業インライン検査における3DセンサーGocatorの導入事例をご紹介します。
A社はセメント製品メーカーです。
セメントと繊維を混合して強化された繊維強化セメント板を製造しています。繊維強化セメント板は建物の外壁や屋根、内装などに広く利用されています。
A社ではこれまで人手で検査をおこなっていました。
今回インライン検査を導入することで、製品検査の自動化、効率化を実現しました。

PRODUCT 3Dセンサー紹介

スマート3Dセンサー Gocator

詳しくはこちら
LMI Technologies Photoneo Chromasens heliotis

3Dセンサー 計測評価サービス

詳しくはこちら

Coming Soon

今後、Gocator以外の3D製品も紹介する予定です。

3Dセンサーカタログ・資料はこちら

資料ダウンロード

3次元インライン検査のご相談/3Dセンサー機器選定のご相談はこちら

お問い合わせ