LINX EXPRESSLINX Express
  • TOP
  • LINX Express
  • 現場の位置情報を活用してDX化を推進!リアルタイムロケーションシステム「KINEXON OS」販売開始

2022.02.03

製品情報
KINEXON
Vol.396

現場の位置情報を活用してDX化を推進!
リアルタイムロケーションシステム「KINEXON OS」販売開始

KINEXON -現場のお困りごとを位置情報で解決

製造現場で下記のようなお困りごとを経験したことはないでしょうか。

● 製造工程において部材や機材のモノ探しにかなりの無駄な時間が発生している。
● 工場内のIoT化を進めたいが、人や部材、機材など工場内で位置が変わるものが多く、デジタル化が進まない。
● 作業工程や作業員の導線の効率化をしたいが、何から手を付ければよいかわからない。

位置情報IIoTプラットフォーム「KINEXON OS」では現場の人やモノの位置情報を活用し、これらのお困りごとを解決します。

KINEXON OSとは

KINEXON OSは、リアルタイムロケーションシステムをIIoTプラットフォームとして活用可能なソフトウェアです。
測位センサーの情報をリアルタイムに取得し、人やモノの位置・動きをトリガーに、工場内での自動化アプリケーションを実行します。

● 人やモノの位置情報をリアルタイムに可視化してデジタルツイン実現に貢献
● 位置情報を元に自動化アプリケーションを実行することで人に依存した作業を削減
● 経路解析・工程解析などの分析ツールを駆使し製造工程を効率化

デジタルツインを用いて工場内の人・モノをリアルタイムに可視化

工場内の人や車両、部材や機材の位置情報をリアルタイムに可視化し、現場の状況をリアルタイムにモニタリング可能です。

検索機能で、特定のフォークリフトや部材の位置を素早く確認することが可能です。必要な部材を探したり、空いているフォークリフトを探したりする時間を短縮できます。

解析・分析ツール

プロセスダイアグラムツールによる工程ステップの解析を行えます。各製造ラインでの製品生産数や、適切な工程手順から逸脱した製品がないか、ひと目で確認可能です。

ヒートマップで人や車両の移動経路をマッピングすることも可能です。人や車両の移動経路の効率化を促進します。

位置情報の統合プラットフォーム

KINEXON OSは、GPSやRFID、Bluetooth、UWBなど、様々な種類の測位タグデータを活用できる統合プラットフォームです。
これまでのリアルタイムロケーションシステムでは、測位タグごとに別々のソフトウェアを使用する必要があり、異なるタグデータを組み合わせることは容易ではありませんでした。
KINEXON OSは異なる測位技術のタグ情報を、1つの座標系に統合することが可能です。これにより、アプリケーションごとに最適な測位タグを組み合わせ、工場内外の様々な位置情報を統合管理可能です。

KINEXONで実現できる自動化アプリケーション

KINEXON OSを使用することで様々な業務の自動化を行うことが可能です。いくつかの代表例をご紹介します。

部材の補充管理

生産設備近くに設置されたバッファーゾーン内にある部材の個数をカウントし、補充が必要になった段階で倉庫にアラートを通知します。バッファーゾーンにジオフェンスという仮想エリアを設定し、ジオフェンス内の部材の個数が変化した際に、イベントトリガーを発生させます。

車両と作業員の接触アラート

AGVやフォークリフトなどの車両や、作業員に取り付けたタグの接近をトリガーに、接触注意アラートを発生させます。工場内の特定のエリアへの接近、侵入でトリガーを発生させることはもちろんのこと、タグを取り付けた人や車両、モノの位置情報を元にトリガーを発生させることが可能です。

ツールコントロール

品種ごとにツールやその設定が異なる工程において、部材とツールに取り付けたタグ情報から適切なツール設定を自動制御します。作業員のマニュアル操作によるヒューマンエラーの発生頻度を減少させます。

KINEXON OSを導入し現場のDX化を推進

KINEXON OSはBMWやContinental社など大手企業で導入実績があります。これらの企業ではKINEXON OSを用いた自動化により次のような業務改善を達成しています。

お問い合わせ

位置情報IIoTプラットフォーム「KINEXON OS」の詳細やご質問に関しましては、下記フォームへのご連絡をお願い致します。

 

 

 

お申込み

【 注意 】

「LINX Express」は携帯電話などのメールではご利用いただけません。