LINX EXPRESSLINX Express
  • TOP
  • LINX Express
  • データコード・刻印不要でトレーサビリティを実現! 「FeaturePrintシステム」国内販売開始

2022.01.26

製品情報
Alitheon
Vol.395

データコード・刻印不要でトレーサビリティを実現!
「FeaturePrintシステム」国内販売開始

画像トレーサビリティソフトウェアFeaturePrintTMシステム

株式会社リンクスは、Alitheon社の国内総代理店として、2021年11月より画像トレーサビリティソフトウェア「FeaturePrintTMシステム」の正式販売を開始いたしました。

Alitheon(アリセオン)は、40年以上にも及ぶ画像処理/検索アルゴリズム研究の成果をもとに開発した「FeaturePrintTMシステム」を取り扱う、米国のソフトウェアメーカーです。

製品の品質管理の観点でトレーサビリティの重要性が高まっており、データコードや刻印を読み取ることで個体追跡をすることが一般的です。しかし、ラベルが剥がれなどによるコードの未検出、あるいは、デザインや製造工程上コードを利用することができないケースも多々あります。
「FeaturePrintTMシステム」は、物体固有の模様なテクスチャーを用いて、非接触の個体識別「トレーサビリティ」を実現します。

FeaturePrintTMシステムの概要

自動車、電子機器、金塊、衣料等、肉眼では個体識別困難な物体は非常に多くあります。そのような物体であっても、表面には微細な物体固有の模様や傷などのテクスチャーが存在します。我々は、これらの物体固有のテクスチャーを「FeaturePrintTM」と呼んでいます。
Alitheonのソフトウェア技術では、画像からこのFeaturePrintを数値デジタルコード(FeaturePrintTM
ID)化し、データベースに登録を行います。その後、物体の表面テクスチャーを撮像し、データベースと照合することで、どの製品であるかを瞬時に把握することができます。

FeaturePrintTMシステムの性能評価

「FeaturePrintTMシステム」は、以下の条件下でも安定して識別することができます。
・認識対象の増加
・明るさの変化
・形状変化
・表面変化(汚れ・隠れ)
本稿では、FaturePrintTMシステムの高い性能を説明します。

 

形状変化

表面変化(汚れ・隠れ)

製造現場における利用メリット

工場出荷前に対象物の表面テクスチャー情報を撮像し、データベースに個体のFeaturePrintTM
IDデータを蓄積します。その後、工場外に出荷された製品をカメラでもう一度表面テクスチャーを撮像することで個体識別を実現し、追跡が可能となります。
さらに、市場で欠陥製品を発見した場合、「FeaturePrintTMシステム」を利用することで、ロット単位ではなく個体単位で特定することができます。これまでバーコードや刻印ができない製品に対して、欠陥疑いのある製品の特定ができ、容易にトレーサビリティを実現することができます。

お問い合わせ

本製品は、これまでバーコードや刻印等ができなかった製品に対してトレーサビリティを実現する技術となります。ご評価や詳細についてご希望の方は、下記連絡先、またはフォームより是非お問い合わせください。

TEL : 03-6417-3371 (担当:須藤)
Mail:sales_alitheon@linx.jp

 

 

お申込み

【 注意 】

「LINX Express」は携帯電話などのメールではご利用いただけません。