LINX EXPRESSLINX Express
  • TOP
  • LINX Express
  • 既設の位置測位システムとの連携も可能~リアルタイムロケーションシステム KINEXON OS~

2022.04.13

製品情報
KINEXON
Vol.405

既設の位置測位システムとの連携も可能
~リアルタイムロケーションシステム KINEXON OS~

KINEXON OSとは

KINEXON OS」は、UWBやBLE(Bluetooth low energy)、Wifiなどの位置測位システムの情報を取得・標準化し、メタデータを付与することで、リアルタイムロケーションシステム(RTLS)を工場の”カイゼン”や”自動化”につなげるIIoTソフトウェアプラットフォームです。
モノやヒトの位置や動きをトリガーに、工場内での自動化アプリケーションを実行します。SCADAやMES、WMS、ERP等、既存のシステムとも柔軟に連携することで、自動化アプリケーションを拡張し、さらなる工場のIIoT化、DXを推進することができます。
(製品ページはこちら

BLE位置測位システムと連携

KINEXON OSは様々な位置測位システムと連携が可能です。測位技術に応じたインターフェース機能を標準搭載しているため、接続設定も簡単に行なえます。
既存のRTLSとKINEXON OSを連携することで、取得した位置情報を元に、解析や分析、さらには自動化へと発展させ、位置情報を最大限に活用することが可能になります。

実際にリンクスでもBLE位置測位技術を利用したサードパーティの位置測位システムとKINEXON OSを連携しました。KINEXON OSにインターフェースが搭載されているため、この接続設定はわずか数分で完了できました。
下記よりデモ動画を閲覧いただけます。

KINEXON OSの利用で、工程解析や自動化へ

KINEXON OSには、取得した位置情報をもとに、工程解析や自動化するためのアプリケーションが標準搭載されています。
取得した位置情報に、メタ情報として現在の工程情報や履歴情報を付与することで、部材の最適化や、人や車両の導線解析を行うことが可能です。
また位置情報を元に自動化アプリケーションを構築することで、ツール制御やヤードマネジメント、適切なタイミングでの作業員への指示出しなど工場の自動化を進めていくことが可能です。

 

プロセスモニタリング

 

プロセスマイニング

 

ヒートマップ

 

スパゲッティダイアグラム

※いずれもクリックで拡大

 

お問い合わせ

位置情報の活用をご検討中の方や、既設RTLSの解析・自動化でお困りの方は下記フォームよりご連絡をお願い致します。

 

 

 

ご意見・ご感想募集

LINX Expressに関する要望やご感想を募集しております。下記フォームよりお気軽にご投稿いただけましたら幸いです。

いただいたご意見については今後の運営の参考にさせていただきます。皆様のご投稿お待ちしております。

お申込み

【 注意 】

「LINX Express」は携帯電話などのメールではご利用いただけません。