LINX EXPRESSLINX Express
  • TOP
  • LINX Express
  • HALCON 21.11 Progress リリース– LINX DAYS 2021参加者向けキャンペーンを実施!-

2021.11.12

お知らせ
Vol.388

HALCON 21.11 Progress リリース
– LINX DAYS 2021参加者向けキャンペーンを実施!-

10% OFF! or サブスク期間延長!
LINX DAYS 2021ご参加者向けキャンペーン

11月17日にHALCON 21.11 Progress Editionがリリースされます。このリリースを記念し、【LINX DAYS 2021アンケート記入者】の方限定で、「Progress
Edition開発ライセンス」新規購入時の有効期限を、従来より3ヶ月延長させていただきます。
また、「20.11 Steady
Edition開発ライセンス」を10%オフでご提供させていただきます。12月16日までの期間となっておりますので、この機会に是非導入をご検討ください。

HALCONのセッションでは、「産業界におけるディープラーニングの適応状況と今後の行方」と題し、現時点での活用法を豊富な事例を交えながら解説するとともに、我々が考える次世代ソリューションの方向性の詳細を解説します。

■ディープラーニング活用事例をご紹介

【招待講演】
シンテゴンテクノロジー様:
「世界初。医薬品検査装置におけるディープラーニング適用事例」
【活用事例】
パナソニック様:
「QCDの向上を実現!アノマリー検出を用いた車載用電池検査」
オービット様:
「ルールベースを超える!アノマリー検出を用いた過検出抑制」
富士フイルムエンジニアリング様:
「HALCONディープラーニングが実現する金属加工物外観検査」
日本システムウエア様:
「不整頓でも認識可能。Deep
OCRが実現する物流ラベル認識」

HALCON 21.11 新機能

開発環境をサブスクリプション方式でご利用いただける「HALCON Progress Edition」には、半年に1回、最新の画像処理機能が追加されます。HALCON 21.11
Progressには、高精度な領域分割を可能にする「インスタンスセグメンテーション」、Intel
CPUでの推論速度を飛躍的に向上させる「OpenVINOTM」への対応など、ディープラーニングを軸とする新たな機能が搭載されています。
更に、コアな画像処理機能である、「バーコード読み取り」では、大きくぼやけたバーコードの読み取り精度大幅向上、ディクショナリへのアクセスを簡略化する構文の追加など、ユーザのニーズに合わせて機能が改善されています。

■インスタンスセグメンテーション

セグメンテーション機能は、目的の領域検出することが可能な機能です。例えば、画像上の複数種類の領域検出や欠陥の領域抽出に用いることができます。
これまでセマンティックセグメンテーションを搭載していましたが、その発展系として、インスタンスセグメンテーション機能が搭載されます。複数オブジェクトが隣接している画像に対し、セマンティックセグメンテーションを実行すると、隣接オブジェクトが繋がった一塊の領域として検出されます。一方、インスタンスセグメンテーションを実行することにより、隣接オブジェクトであっても領域分割が可能です。

既存ルールベース機能でも、例えばwatersheds_thresholdなどを用いることで領域分割を実現していましたが、領域分割可能な対象物が限定的である、二値化などパラメータ調整工数が発生するなど、いくつかの導入障壁があります。これらをインスタンスセグメンテーションが解決します。

■OpenVINOによる飛躍的な推論時間の向上

Intel製CPU、内蔵GPU、その他Intel製デバイスの最大性能を引き出し、ディープラーニング推論時間を飛躍的に向上させるOpenVINOTMをサポートします。これにより、CPU演算でも現実的な時間でディープラーニングの推論が実施でき、装置コストの低減につながります。

AIアクセラレータ・ハードウェアは市場で日々種類を増しています。もし、自身の推論処理を、より高速化したいとしても、これらの対応を全てご自身で行わなければなりません。
MVTecは、HALCONのAI2 (AI
Accelerator Interface) を通じて、全てのAIアクセラレータをサポートすることを目指しています。既に、21.05 Progress
EditionにてNVIDIAのTensorRTをサポートしました。HALCONを用いることで、AIアクセラレータの恩恵を容易に受けることが可能です。

■ぼやけたCode128バーコードの読み取り

物流倉庫などの用途として低解像度バーコードの読み取りニーズが増加しています。しかし、バーコードの線の太さが1px以下となる場合や被写界深度の制限によるピンぼけなど、読み取り困難な場合があります。HALCON 21.11
Progressにて、ピンぼけしているバーコードの読み取り性能が大幅に向上します。さらに、これまでのコード読み取りと同じ処理時間で読み取りが可能です。

■詳細は「LINX DAYS 2021」で!

21.11には、その他様々な新機能、および、機能改良が施されています。 21.11詳細は、「LINX DAYS 2021」で解説します。 キャンペーン期間中に導入可否をご判断いただくためにも、是非本セミナーをご活用ください。

最新機能をすぐに評価 「HALCON Trial Kit」

ディープラーニングなど最新機能の評価・導入をご検討されている方を対象に、実際にHALCONを扱いながら、体験・学習できる「HALCON Trial Kit」を提供しています。HALCONの最新機能を、是非ご評価ください。

最新バージョン MERLIC5 ただいまキャンペーン実施中!

先月リリースされたMERLIC5について、現在キャンペーンを実施しております。ディープラーニング機能がお求めやすい価格でご利用いただけるチャンスですので是非ご利用ください!

お申込み

【 注意 】

「LINX Express」は携帯電話などのメールではご利用いただけません。