LINX EXPRESSLINX Express
  • TOP
  • LINX Express
  • 技術者不足・ノウハウ不足などエンベデッドビジョンを実装する上での課題を解消!リンクスが提供する総合開発サービス

2022.08.03

製品情報
エンベデッドビジョン
Vol.420

技術者不足・ノウハウ不足などエンベデッドビジョンを
実装する上での課題を解消!リンクスが提供する総合開発サービス

我々リンクスは、エンベデッドビジョンシステムを実現するための総合開発サービスを提供しています。今回はリンクスが提供しているエンベデッドビジョンのソリューションを紹介します。

強みとしている技術分野: ハードウエア開発 

SoC搭載ボード設計

顧客の要求仕様をヒヤリングして、エンベデッドビジョンシステムとしてのシステム設計を行った上で、適切なSoCを選定します。NVIDIAやNXPを用いたキャリアボードのカスタム設計、周辺機器への拡張ボードの回路設計とアートワーク設計を行い、量産品として提供しています。

レンズ設計・光学構造設計

スペースの制約がつきもののエンベデッドビジョンシステムにおいて、見たいところをみるためのレンズ・光学技術を提供しています。

各種カメラインタフェース

エンベデッドビジョンシステムにおいては、CMOSカメラをSoCに直結できるMIPIが選択されることが多いですが、カメラ性能やシステム要求、そして制約を踏まえて各種カメラインタフェースを組み合わせて提供しています。

多カメラシステム

SoCからカメラまでの距離があるためMIPIのケーブル長仕様(30cm)では届かない、カメラは何台も接続したいけれども、SoCのカメラポート数では足りない、といった課題があります。この課題を解決するのがリンクスの多カメラ・長距離伝送ソリューションです。SerDes(シリアライザ/デシリアライザ)とバーチャルチャネルという2つの技術を融合させることで実現します。

▼参考: LINX Express Vol.418
リンクスのエンベデッドビジョンソリューション
事例③:多カメラ・長距離伝送技術を活用した装置内監視システム
https://linx.jp/linx_express/418.html/

組み込みカメラ・特殊カメラ

極小スペースに設置できるような小型カメラが必要、ケーブル接続ができない環境でも使用できるようなWi-Fiデータ転送・バッテリー駆動カメラが必要といった様々な特殊なニーズがあります。要求仕様を満たすカメラが標準品として市場にない場合は、カスタムカメラを提供しています。

フレームグラバー

エンベデッドビジョンシステムにおいても、ハイエンドカメラを使用したいというニーズがあります。データ帯域としてMIPIの限界を超えてしまう場合には、SoCのPCI eを活用したフレームグラバーを開発、あるいは、特殊な取り込みを行うボードを開発しています。

強みとしている技術分野:
システム開発・アプリケーション開発

Linuxシステム・インテグレーション

ハードウエアの障壁はSoC/SoMの革新によりだいぶクリアされてきているものの、組み込みソフトウエア技術は依然として大きな課題となっており、企画・予定通りに実現しきれないというのが現状です。
組み込みLinuxをカーネルレベルで熟知したリンクスのエキスパートが、そんな顧客の悩みを解決しています。ディストリビューションやBSPのカスタマイズなど、インテグレーション全般のサービスを提供しています。

デバイスドライバ・ソフトウェアサポート

市場にある汎用ボードはもちろん、専用に設計されたキャリアボードに対しても、デバイスドライバの開発からミドルウエアのポーティングまで行います。

各種カメラドライバ

SoC + Linux環境下で各種カメラを複数台接続するためのドライバを開発し提供しています。

▼参考: エンベデッドビジョンソリューション導入事例 / 医療分野
卓上型医療診断システムのSoC化
https://linx.jp/embedded_interview/02/

画像処理/アルゴリズム

HALCONはARM CPU+Linux環境に標準対応しています。また、専用組込機器においても、HALCONをポーティングすることで活用が可能です(国内事例多数)。
HALCONをベースとした画像処理/アルゴリズムを開発し提供しています。

FPGAロジック

遅延のない処理が必要、CPU処理ではタクトタイムを満たせないといった場合、FPGAにてロジックを開発し提供しています。

HMI

エンベデッドビジョンシステムにおいても、多くの場合は画面が必要となります。HMIフレームワークを用いた画面開発を行います。

ソフトウエアPLC

CODESYSは国際標準規格 IEC 61131-3に準拠したSoftware PLC / -Motion / -HMIであり、いかなるプラットフォームにもアダプテーションが可能です。
様々なコントローラを開発しています。

エンベデッドビジョンのことならリンクスへ

今回紹介したように、我々リンクスは、エンベデッドビジョンの構築のための総合開発サービスを提供しています。ワンストップでの開発はもちろん、個別パートからでもお気軽にご相談ください。

皆様の要求に対してソリューションを導き出すために、エンベッドビジョンのシステム設計では、論理アーキテクチャの作成から始めます。このプロセスを飛ばして、要求仕様分析と要件定義をないがしろにしてしまうと、ピントのズレた提案になってしまいかねません。我々リンクスは、まずは皆様の目的や要求仕様を正しく理解させていただきます。
その次に、この論理アーキテクチャを実現するために、現実世界の制約を当てはめて、リンクスにて分析した要件をもとにした物理アーキテクチャを作成し、ソリューションとして提案させていただきます。

マシンビジョンに関する豊富なノウハウと、鍛え抜かれた組込機器開発技術を融合し、これからの時代に最適なエンベデッドビジョンソリューションを提供します。
エンベデッドビジョンについては、リンクスにご相談ください。

 

 

ご意見・ご感想募集

LINX Expressに関する要望やご感想を募集しております。下記フォームよりお気軽にご投稿いただけましたら幸いです。

いただいたご意見については今後の運営の参考にさせていただきます。皆様のご投稿お待ちしております。

お申込み

【 注意 】

「LINX Express」は携帯電話などのメールではご利用いただけません。