適用事例

移動体検知

移動物体を検出したいという需要はかなり多く、想定する環境も様々です。このような要求に対して、固定式カメラの場合、フレーム差分または背景差分による二値化が基本的な手法となります。しかし、フレーム差分では物体が一時停止すると差がなくなることから何も検出されなくなり、背景差分では、背景の生成・更新方法が問題となります。

HALCON には移動領域を検出するオペレータがあります。これは背景差分法に基づいており、背景画像の更新にはカルマンフィルタに基づいたロバストな背景推定機能を使用しています。撮影環境や目的に応じたパラメータを設定することが可能です。

関連製品情報はこちら

その他「自動車/航空宇宙」関連適用事例