CASE適用事例
  • TOP
  • 適用事例
  • 自動車ドアのギャップ計測・同一平面性の検査

2015.11.12

自動車
Gocator

自動車ドアのギャップ計測・同一平面性の検査

  • 自動車ボディーとドアパネル間のギャップや同一平面性は、自動車の品質に欠かせない要素です。 Gocatorは同一平面度の測定機能を標準搭載しており、自動車ボディーのパネル検査などにそのまま利用できます。 このような検査は2次元カメラで実現するのは難しく、3次センサーならではの分野です。

    自動車のパネル部材は塗装色によりその反射率が広い範囲で変動しますが、Gocatorは高輝度出力が可能なレーザーとその制御機能により反射率の変動に柔軟に対応することができます。

     

  • またGocatorは小型で配線もシンプルなので、この事例ではロボットの先端にセンサー本体を取り付け、自動的に適切な計測箇所まで移動させています。

関連商品情報

その他「自動車」関連適用事例