CASE適用事例

2015.11.09

自動車
Gocator

ゴム製タイヤの高精度位置決め

  • タイヤ製造工程において、トレッド面の押し出し成形では、成形機に入る際に高精度な位置決めが要求されます。 この成形型はコンベアで搬送されますが、位置決めの段階では柔らかく粘着性があるので、接触式センサーでは計測できません。 Gocatorは非接触で3次元プロファイルを取得でき、コンベアの位置決めシステムの制御もセンサー内で行うことができます。

    またタイヤは反射率の低いゴム素材でサイズも大きく通常の3次元センサーでは一度に捉えることができません。 Gocatorは高解像度と高輝度出力のレーザーにより1回のスキャンで3次元形状を得ることができます。

     

  • また、角度を変えて複数個所から撮影するなど複数台の3次元センサー制御が必要となった場合、高度なソフトウェア開発のため複雑でコストもかかりますが、Gocatorはそのような専門知識を必要としなくても簡単に複数台接続の3次元検査装置が実現できます。

関連商品情報

その他「自動車」関連適用事例