CASE適用事例
  • TOP
  • 適用事例
  • 風力タービンの制御【Eaton Automation社(ドイツ、Bonn)】

2015.11.12

自動車
CODESYS

風力タービンの制御【Eaton Automation社(ドイツ、Bonn)】

  •  Enercon社は発電力、信頼性や寿命などで市場最高水準のギアレス風力タービンを開発・生産しています。Enercon社はCODESYSを搭載するEaton社 Moeller XC100-FC modular PLCを採用しており、光ファイバのフィールドバスインタフェースを用いた航空標識システムの監視・制御に利用しています。

      Enercon社の風力発電タービンは自社開発の最先端マイクロエレクトロニクス制御技術を使用しています。制御システムの中核である中央処理ユニットは、常にヨー制御やアクティブピッチ制御システムのような周辺コントロールユニットと接続されています。

     

  •   この中央処理ユニットは風力発電タービンがどんな天候であっても最大の出力を確保するためにシステムパラメータを調整します。タービンからグリッドに電力を供給するには常にグリッド接続を監視する必要があります。電圧、電流や周波数のようなグリッドパラメーターは、タービンインバーターとシステムトランスの間の低電圧側で測定されます。全ての測定結果は常に中央処理ユニットに送られ、グリッド電圧や周波数の変化にタービンが直ちに反応するようになっています。また、システムの安全性を確保するため定められている安全限界値を超えた場合、タービンは自動的に停止し、アラームを出します。電圧や周波数がまた安全値範囲内に復帰したら風力発電タービンは自動的に運転を再開し、長時間の休止を防ぎます。

      中央処理ユニットには、制御、監視、供給可能電力の管理機能が備わっています。そのため、輝度センサー、標識灯や視程計だけで外部装置のことを済ませる事ができます。また、各部位への接続を最短にするために標識システムの制御基盤はエンジン室に設置されています。また予備電源を備えたもう一つの標識システムは空調管理された部屋に置かれています。

      FO fieldbus インタフェースを持つMoeller XC100-FC modularは、様々なタスクを処理でき、グリッド供給電力とスタンバイ電力をコントロールするとともに累算器も管理します。さらに、XC100-FCは空調装置の温度などを制御し、標識灯の作動時間や光強度などを管理します。これとともにXC100-FC modular PLCはウインドパークの同期、輝度センサー や視程計に伝達し、事故防止のため事前より注意・指示をします。

     

    モジュール型PLC XC-CPU101-FC特長 
    •CANopen準拠の光ファイバーフィールドバスインターフェース(分散プログラミング可能)
    •リアルタイムクロックのサポート
    •マルチメディアカードスロット(MMC標準ファイルシステム)
    •8つのディジタル入力
    •短絡保護機能を持つ6つの出力(うち4つは割込み入力として機能)
    •最大15 XIOC 信号モジュールまで拡張可能
    •最大I/O 32点まで接続
    •取付幅 30mm、取付高 100mm

関連商品情報

その他「自動車」関連適用事例