CASE適用事例
  • TOP
  • 適用事例
  • 医薬品包装機のインテリジェントな可視化【Romaco Pharmatechnik GmbH(ドイツ、Karlsruhe)】

2020.07.09

医療/製薬
zenon

医薬品包装機のインテリジェントな可視化【Romaco Pharmatechnik GmbH(ドイツ、Karlsruhe)】

今日の医薬・食品などの包装ラインでは、品質管理と製品管理のために、SAPアプリケーションなどの上位システムに、生産や包装工程のあらゆるデータ(例えば、生産量や時間情報だけでなく、その工程で発生したエラー情報など)を提供することが要求されます。
ドイツの老舗医薬品包装機メーカーRomaco Pharmatechnik GmbH(以下Romaco社)では、これらの要求を満たすため、熱成形機、ヒートシール機、カートナ、充填機などに、新しい可視化ソリューションとしてzenonを導入しました。

  • zenonの優れたグラフィック機能により、作業者は重要性や関連性により分類されたエラー、警告などを確認し、障害やエラーの原因が簡単に特定できます。これらのエラーメッセージはすべてzenonに保存され、エクスポートし記録として残すことができます。

    Romaco社では60種類以上の製品のUI開発にzenonを使用し、各製品のUI標準化を進めています。

    メイン画面では装置概要から装置の各コンポーネントが色分けされて表示され、各パラメータ(送り寸法やブリスターの寸法など)設定画面を表示することができます。診断画面では、各センサー入出力などの装置の状態が表示され、統計画面では、各処理時間、正常品の生産量、リジェクト率などの統計情報が表示されます。

     

  • また、医薬・食品などの包装ラインでは、コンプライアンス要件を満たすことも重要です。米国食品医薬品局(FDA)のガイドライン”21 CFR Part 11” では、電子的に保存されたデータも、紙の文書と同じ基準に従うことが要求されています。Romaco社では、“zenon” の 監査証跡機能(CEL、イベント履歴リスト)を活用し、この基準を満たしています。Romaco社のお客様は、機械や装置の関連するすべてのイベントをフィルタリングして表示し、プロセス・イベント、値の変更、ユーザー入力などのイベントを文書化することができます。また監査証跡は、不正に操作されないように改ざん不可能な形で保存されます。

    Romaco社では、zenonを導入したことで、競争の激しい医薬品市場において、競合他社との差別化という要件を達成し、顧客の幅広い要件を満たし、生産・包装分野での日々の作業を最適にサポートできる費用対効果の高いソフトウェアソリューションをお客様に提供しています。

関連商品情報

その他「医療/製薬」関連適用事例