CASE適用事例

2015.11.12

医療/製薬
HALCON

粒子解析

HALCONでは非常に多くのブロブ解析オペレータを用意しており、さらに領域の定義を工夫することによってそれらの処理速度の大幅な向上を実現しています。2値化や動的閾値処理、領域の結合・差分・補領域抽出、さらには膨張や縮小といったモフォロジー処理まで、HALCONでは極めて高速に行うことが可能です。

  • ここでは、これらの非常に高速かつ有用なブロブ解析オペレータを用いた粒子解析の事例をご紹介します。

  • まず初めに単純な2値化を行い、画像中の明るい領域を抽出します。

  • 抽出した領域を円形状に膨張させ、左のような領域を取得します。

  • 抽出した膨張領域の補領域を取得します。元画像に対して、ここで抽出した補領域に解析範囲を絞り込みます。

  •  絞り込んだ解析範囲に対して動的閾値処理を行い、局所領域において近傍の輝度よりも低い部分のみを抽出します。

  • オープニング処理を行い、非常に小さい領域(ノイズ成分)を除去します。これにより、背景に溶け込んで抽出が困難であった小さな粒子領域を左のように得ることができます。

  •  ラベリング処理を行うことによって、抽出した領域の離れた領域同士を区別します。

  •  最後に区別した領域を一つずつ選択し、その面積と平均輝度値を取得するだけで左のように粒子の情報を得ることができます。

関連商品情報

その他「医療/製薬」関連適用事例