適用事例

外観検査

外観検査では対象表面のゴミやキズなどを検出します。一般的に、金属など光沢のある対象物や模様のある対象物の外観検査は、撮影画像に激しい輝度むらを生じることが多く処理が困難です。HALCONでは動的閾値法という特殊な二値化処理を適用することで、このような困難な場合であっても容易にかつ高速に目的のキズを見つけ出すことができます。

関連製品情報はこちら

その他「金属/加工」関連適用事例