MVTec Software HALCON マシンビジョン構築ライブラリ HALCON

HALCONは2,000もの高機能な関数群を自在に組み合わせることで、効率的な画像処理システムを構築できる先駆的ツールです。
開発工数を大きく削減できる優れた開発環境が付属し、作成したスクリプト型プログラムは、
C++、VB、C#コードへ自動変換することで、容易にアプリケーションに組み込めます。

HALCON Progress Edition新機能

HALCON Progress Editionでは、コアな画像処理機能の高機能化や、開発環境の更なる改善に加えて、ディープラーニング機能が標準搭載されています。既存のルールベース画像処理に加えて、よりよい生産性向上を実現するディープラーニング機能を、ぜひご活用ください。

Deep Learning

インスタンスセグメンテーション

インスタンスセグメンテーションは、オブジェクト検出とセグメンテーションを組み合わせた新しいディープラーニング機能です。対象物同士が隣接や重なる場合でもピクセル単位で正確に領域を検出することが可能です。

AI² – AIアクセラレータ対応

ディープラーニングの処理速度を向上させる高速化フレームワーク AI²(AIアクセラレータ)に対応しています。AI²ではTensorRTとOpenVINOをサポートしており、ハードウェアの性能を最大限に活用することができます。

DeepLearning主要機能

産業用画像処理で求められている「画像分類」「オブジェクト検出」「セグメンテーション」「アノマリー検出」の機能を搭載しています。 これらの機能により、画像の良否判定や欠陥位置の特定など、複雑な特徴量解析や検出アルゴリズムを組むこと無しに、簡単に行うことが可能です。

Deep Learning + マシンビジョンの融合:Diffusion

欠陥検出・分類などにディープラーニングを活用するだけでなく、既存ルールベース機能の性能を向上させる1つのエッセンスとして、ディープラーニングの活用を進めています。その最初の取り組みとして、ディープラーニングをベースとするOCR、エッジ検出を搭載しています。

DeepOCR

Deep OCRは、文字領域の抽出も、文字読み取りも、ディープラーニングを用いて包括的に実行します。画像上の「文字らしさ」が、キャラクタースコアで表され、「ひとかたまりのワードらしさ」が、リンクスコアで表されます。 Deep OCRは内部的にこれらのスコアを使って★文字領域を検出し、各領域の文字をディープラーニングで判断します。これにより、文字の検出性能と、読取の性能が大幅に向上しています。

ディープラーニングベースエッジ検出

本機能はパラメーター調整や前処理の手間をかけずに、主要なエッジを正確に検出できる新機能です。事前トレーニングされた初期ネットワークを使うだけでも十分に機能しますが、 アプリケーションに特化した特定のエッジだけを抽出する場合でも、10枚ほどの追加トレーニングを実施することで対応可能です。

コアな画像処理機能の追加、高機能化

バーコード/データコード認識

これまでのバーコード/データコード認識に、新たに画像上で検索するコード数を設定する機能が追加されました。2つの異なるコードが近接している場合でも、マージされることなく認識することが可能となります。また、これまで以上に高速にコード認識を行うことが可能です。

統合開発環境HDevelopの改良

統合開発環境HDevelopに、新しくウィンドウレイアウト機能が搭載されます。 ドラッグアンドドロップで、各ウィンドウを自在に再配置可能です。これにより、デュアルモニタなど、開発効率の更なる向上を実現します。