MVTec Software HALCON マシンビジョン構築ライブラリ HALCON

HALCONは2,000もの高機能な関数群を自在に組み合わせることで、効率的な画像処理システムを構築できる先駆的ツールです。
開発工数を大きく削減できる優れた開発環境が付属し、作成したスクリプト型プログラムは、
C++、VB、C#コードへ自動変換することで、容易にアプリケーションに組み込めます。

特徴機能 その他 特徴機能

ブロブ解析・モフォロジー

動的しきい値処理により輝度ムラがあってもロバストな検出領域抽出が可能です。
その他豊富なしきい値処理機能、80種類以上の形状・グレイ値特徴を利用した数msecの超高速ブロブ処理を搭載しています。
モフォロジー処理アルゴリズムに関しても超高速な膨張/収縮/オープニング/クロージング処理が任意の形状領域に対して適用可能です。

カメラキャリブレーション

キャリブレーションターゲットを数枚撮像することで、レンズ・遠近歪の除去、検査面に対する3次元補正、メートルなどの実世界単位での計測、任意の姿勢から見た画像への高速変換を実現します。
エリアセンサ/ラインセンサ、ピンホールレンズ/テレセントリックレンズ/チルトレンズ光学系に対応し、複数台のカメラの位置関係および各カメラパラメータを算出するマルチカメラキャリブレーションが可能です。
6軸ロボット/スカラーロボットに対してカメラとロボットの位置関係を算出するハンドアイキャリブレーション機能も標準対応しています。

豊富なフィルタ処理

画像の強調やスムージング、エッジフィルター、ポイントフィルターなど豊富なフィルタ処理をご用意しています。
欠陥抽出の前処理としてフィルタ処理を加えることで対象の欠陥の特徴を強調し、抽出を容易にします。
膨張収縮フィルタによる形状検査や、計測に悪影響を与えるノイズの除去など幅広い処理に応用が可能です。

  • コントラスト強調

  • エッジ(振幅)の検出

  • スケール拡張

  • コントラスト補正

  • 輝度平均による平滑化

  • グレイ値オープニング

  • グレイ値クロージング

  • エッジ強調

  • エッジを保持して平滑化

  • メディアンによる平滑化

フィルター処理の実行例

点字のドット領域の抽出

点字のドット領域を抽出するために、輝度平均フィルターと動的しきい値を使用しています。輝度平均フィルターにより局所的な輝度変化の影響を除去することで、任意領域の抽出が可能です。以下画像に対し、単純なしきい値では目的のドット領域を抽出することはできません。輝度平均フィルタと動的しきい値を組み合わせることで、目的となるドットを検出することができます。

  • 検査画像

  • 輝度平均フィルター

  • 動的しきい値によりドット候補領域を抽出

  • 出力画像

背景のノイズ除去

周波数領域のフィルタリングによって、テクスチャから前景と背景の情報を区別します。初めに、検査画像に対しフーリエ変換を行い、周波数スペクトルを求めます。その後、ノイズとなる背景のテクスチャに対応する周波数ピークを検出し、ノイズの周波数を除去するフィルタを作成し、スペクトルに適用します。最後に、逆フーリエ変換を検査画像に適用することで、背景のテクスチャが除去された画像が出力されます。

  • 検査画像

  • 周波数スペクトル画像

  • ノイズを除いたスペクトル画像

  • 出力画像