NEWS

タイと台湾に子会社を設立

2019年11月7日

リンクスは、2019年8月タイのASP Vision(エーエスピー ビジョン)社(所在地:タイ、バンコク)、9月には台湾のNOWA TECHNOLOGY(ノワ テクノロジー)社(所在地:台湾、台北)を買収し、すでに設立しているリンクスシンガポールに加え、海外子会社(グループ会社)として、今後、アジア各国の市場において事業拡大を図ります。

マシンビジョンの専門プロバイダーとして2017年に設立されたタイのASP Vision社は、タイ国内で、Baslerを中心に画像処理関連製品を取り扱い、電気・電子や自動車関連の企業向けに事業を展開してきました。また、台湾のNOWA TECHNOLOGY社は、1990年の設立以来、マシンビジョン関連製品を中心に、半導体やFPD関連の企業への製品を提供し、同地域でのビジネスを拡大させてきました。

リンクスでは、2017年、リンクスシンガポールの設立を皮切りに、本格的に海外展開を開始し、現地の半導体メーカーや電気・電子等の製造業を中心にマシンビジョンを提供するなど、順調に成長し続けています。今回は、タイや台湾などのアジア全域における市場への事業拡大を行う上で、それぞれの市場における多くの実績と技術力を高く評価し、この度、両社の買収に至りました。そして、リンクスシンガポール社とともに、リンクスがこれまで日本国内で展開してきた実績や日本国内の人的資源を活用し、アジア市場における顧客へのサービスの拡充を図っていきます。

なお、新会社は、2019年末を目途にリンクス台湾社、及びリンクスタイ社として、本格的にビジネスを開始する予定です。また、新会社には日本から代表者を派遣し、リンクスグループのアジア市場での事業の浸透を図ります。

<リンクスタイについて>
2017年にASP VISION社として設立され、工業用カメラやレンズ、3次元センサー、フレームグラバー、レーザー、LED等、画像関連の製品を、タイ市場で事業を展開してきました。旧親会社のダブルジェーマシンビジョン社は、タイで最大手のマシンビジョン分野のプロバイダーです。2019年8月18日にリンクスが買収、2019年10月18日より、リンクスタイ社として新たに事業を開始しています。

<リンクス台湾について>
1990年にNOWA TECHNOLOGY社として設立され、工業用カメラやレンズ、3次元センサー、フレームグラバー、レーザー、LED等、画像関連の製品を、台湾と中国市場で事業を展開してきました。顧客に最適なソリューションを提供し続け、現在では、台湾で大手マシンビジョン分野の専門プロバイダーの1社です。2019年9月16日にリンクスが買収、2019年末より、リンクス台湾社として新たに事業を開始する予定です。