NEWS

エンベデッド・ビジョン事業の本格展開を開始

2018年6月6日

リンクスは、プリント基板設計、製造会社である株式会社アイティエスエンジニアリング(所在地:東京都青梅市、代表取締役:平田 達也 以下、ITSE)をこのほど買収し、これにより、6月25日より、新会社となる株式会社リンクスアーツにおいて、エンベデッド・ビジョン事業の本格的な展開を開始します。

リンクスは、これまで画像処理関連製品、3次元センサー、制御システム等の分野における各種製品を提供することで、スマート工場をはじめ工場内におけるIIoTの実現をサポートしてきました。一方、ITSEは、これまでプリント基板の設計や製造、画像処理技術を中心とした各種装置の設計・製造を行ってきました。リンクスは、今回ITSEを買収することで、設計、製造を含めたサービスを行うことが可能になります。

昨今、エンベデッド・ビジョン技術の進展により、ドローンや監視、スマートホーム、各種サービスロボット、自動運転など、社会の様々なシーンで利用される新サービスが続々と誕生しています。しかし、これらの新サービスに必要な要素技術は複雑で、かつ技術の進化が継続的に起こっており、サービスの提供企業が要素技術の習得に十分な時間を割くことができないのが現状です。リンクスでは、このような課題を抱える企業に対し、これまでに培った画像処理におけるノウハウを活かして、エンベデッド・ビジョン活用に関するコンサルテーションや、ボードの設計、製造を含めたトータルソリューションを提供します。これにより、顧客企業は自社が提供するアプリケーションの開発のみに集中することが可能となり、早期にサービスを市場に投入することができるようになります。

なお、リンクスは、ITSEの買収により、エンベデッド・ビジョン事業を担当する新会社として、株式会社リンクスアーツ(所在地:東京都青梅市、代表取締役社長:澤﨑 伸太郎)と名称を変更し、6月25日に設立する予定です。