NEWS

Basler ace新モデル:ソニー社製IMXセンサーを搭載した新製品を8月より販売開始

2017年7月24日

大好評のBasler aceシリーズの新モデル、ソニー社製IMXセンサーを搭載した新製品を8月より販売開始します。
日本市場に向けて新たに販売を開始する20機種の新モデルのうち、「ace Lシリーズ」に加わる12モデルには、ソニー社製センサーPregiusシリーズのIMX253、IMX255、IMX267、IMX304が搭載されており、9メガピクセルと12メガピクセルの解像度と、最大40fpsのフレームレートに対応しています。これらのモデルは、高い画質とグローバルシャッタ機能を有するPregiusシリーズを搭載していることを特長としており、高速で歪みのない画像を撮影できるため、これまでのマシンビジョン用途以外に高度な3次元自動検査システムや料金徴収などの交通監視用途にも適しています。

また、その他の8モデルについては、ソニー社製センサーSTARVISシリーズのIMX178やIMX226が搭載されており、ace Uシリーズとして提供します。これらのモデルは、最新のローリングシャッター技術搭載の6メガピクセルから12メガピクセルまでの解像度と最大59fpsのフレームレートに対応しているため、顕微鏡用途や電子機器業界における比較的シンプルなオートメーション作業においても威力を発揮します。また、革新的なBI(裏面照射型)センサー技術を活用することにより、2.4µm(IMX178)または1.85µm(IMX226)という小さなピクセルサイズでありながら高感度を実現しているため、暗い環境でも非常に高い画質の画像を撮影することができます。

aceの20の新モデルはいずれも定評のあるGigEとUSB 3.0をインターフェースとして採用しており、GigE Vision 2.0規格とUSB3 Vision規格に準拠しています。GigE対応モデルでは、PTPといったGigE Vision 2.0の便利な機能を使用できます。また、10のカラーモデルについては、5×5デベイヤリング、カラーアンチエイリアシング、ノイズ除去、シャープネスを独自に組み合わせたPGI機能も備えています。さらに、Baslerのpylon Camera Software Suiteを使用すれば、従来のaceシリーズ、Lシリーズ、Uシリーズカメラのユニークな機能を含めて簡単かつスムーズにセットアップすることが可能です。

リンクスでは、今後工場設備の他、メディカル、ITS他、リテール市場にも展開し日本市場でのさらなる拡大を目指します。



製品ページ:
■USB3 visionモデル
http://linx.jp/basler/basler_cat/area_ace_usb3
■GigE visionモデル
http://linx.jp/basler/basler_cat/area_ace_gige