先日11/19(火)、21(木)、22(金)に名古屋・大阪・東京の3会場にて「LINXDays 2019」が開催されました。
今回は全国から総勢1710名ものFA従事者の方にご参加いただき、過去最大規模の盛り上がりを見せ幕を閉じました。
本号では「LINXDays 2019」の当日の様子についてお伝えいたします。

imgLE01

imgLE10


セッションA:基調講演

冒頭では弊社代表取締役 村上慶より「民生技術の革新がもたらすオートメーション産業の現実解、そして未来像」と題して講演を行いました。
昨今AI、IoT、SoCといった領域において技術革新が進む中で、産業界では今後どのような改革が起こっていくのか、その未来像があらゆるところで語られ、またその情報に翻弄されてきました。しかし今年はその霧も晴れてきて、ようやく「現実解」が見え始めてきたタイミングと言えます。
この講演では、リンクスがビジネスの軸としている画像処理、IIoT、ロボット、エンベデッドビジョン、サービスロボットの5つのテーマについて、未来像と現実解についてご紹介いたしました。

imgLE02


セッションB:HALCON最新機能のご紹介

2つ目のセッションでは「多数の導入実績を誇るHALCONディープラーニングの最新機能と将来展望」と題し、画像処理ライブラリHALCONの最新機能とディープラーニングの導入事例についてご紹介いたしました。
正解の形が定めにくく、従来のルールベース画像処理が難しい分野(食品・廃材等)におけるHALCONのディープラーニング画像処理によるソリューション例をマルハニチロ株式会社様、株式会社山口油屋福太郎様、東急建設株式会社様の事例を元にご紹介いたしました。また、アイシン精機様にご登壇いただき、「自動車溶接部外観検査におけるディープラーニング評価と導入実績」と題し、溶接検査における画像処理の課題、ディープラーニングを用いた検査結果と今後の展開についてご講演いただきました。

imgLE03

その他、HALCONもディープラーニングを扱いやすくするDeep Learning Toolや、先月発表された19.11の新機能についてより詳細にご紹介いたしました。

◆Deep Learning Toolの紹介はこちら
◆HALCON19.11の紹介はこちら

imgLE04


セッションC:新規取り扱いNavitec社製品のご紹介

imgLE05

午後最初のセッションでは、先月取り扱いを公表したNavitec社のAGVコントロールソフトウェアについて、「リンクスの最新取扱製品、AGVナビゲーションソフトウェア「Navitrol」を本邦初公開」と題しその概要と詳細な機能について、ユーザー向けに初公開いたしました。

◆Navitec社製品取り扱い開始のお知らせはこちら

セッション内ではAGVで一般的に使われる自動走行の技術を比較し、その中でNavitec社が得意とする「ナチュラル・フィーチャー・ナビゲーション(NFN)」の原理について解説しました。ナチュラル・フィーチャー・ナビゲーションはLiDARにより取得した周辺環境の自然な特徴をベースに使うため反射板やQRの設置が不要になり導入へのハードルが低く、ダイナミックな経路変更や有人環境での運用も可能な手法になります。
またAGV本体を用いて、ステージ上で設定ツールによる自己位置推定、コースを生成し、その場で実際に走らせるデモ実演を行いました。

imgLE06

それ以降は各部屋に分かれ、それぞれの製品別のセッションを実施いたしました。各製品の最新情報、ロードマップをご紹介し、導入事例については実際にユーザー様にご登壇いただきご講演いただきました。

imgLE12

また、ホワイエでは各製品のデモ機を展示しており、当日は弊社技術担当によるスマート3次元センサーGocatorや画像処理ライブラリHALCONのデモ実演も行い、多くの方に最新機能をご体感いただくことができました。実機を見ながらの技術相談はアンケート結果からも大変ご好評いただきました。

imgLE07

リンクスは来年もこのようなイベントを通じて、最新情報や市場動向をお届けします。
より多くの方々にご参加・ご満足いただけるようなセミナーを目指し、2020年も全社を挙げて取り組んで参ります。
皆様のご参加を心よりお待ちしております。

imgLE11


IIoT Times更新情報

imgLE09

※LINX Express 配信の中止・アドレスの変更をご希望の方は、お手数ですがこちらよりお問い合わせください。