新製品:Basler ace U新モデル:ソニー社製IMX183の
ローリングシャッターセンサーを搭載した2000万画素4モデル登場

imgLE01

今年冬より、Baslerのace Uに、SONY社製IMX183のローリングシャッターセンサーを搭載させた高解像度モデル4機種の販売を開始します。

プリント基板やディスプレイの生産現場において、検査用カメラにも高い解像度が求められています。さらにCMOSセンサーの高画素・高速化と、センサー価格の低下という市場の動向に伴い、低価格かつ高解像度のカメラへの要求が年々高まってきています。
ace Uの2000万画素カメラは、新たにUSB・GigEでカラー・モノクロと4つのラインナップで展開します。ローリングシャッタータイプのこのカメラは、非常に低価格でありながら、IMX特有の高い画質と2000万画素の高解像度を誇るスペックで、まさに市場の要求に応える製品となっています。
また従来よりace Uシリーズに搭載されていた、BASLER独自の画質補正機能「PGI」※にも対応しており、高解像度のディスプレイや細かい部品を、より高画質かつ低コストで検査する事が出来ます。

さらに、IMX183センサーは、革新的なBI(裏面照射型)構造を特長としており、2.4µmという小さなピクセルサイズでありながら優れた感度を誇るセンサーです。そのため暗い環境でも非常に高い画質の画像を撮影することができます。
またローリングシャッターでありながらも、USBタイプにおいては2000万画素で17fps(USB3 Vision)という高画素・高フレームレートを実現しています。

※画質補正機能「PGI」とは

Basler ace Uシリーズには、カメラ内部のFPGAに画質向上のアルゴリズムを搭載しており、よりハイクオリティな画質を低CPU負荷で実現できます。
PGIを使用する事で画質の飛躍的な向上が可能です。一部の機能はモノクロカメラにも対応しています。

PGI機能の詳細は、LINX Express Vol.248でご覧いただけます。

ローリングシャッター市場は独自セグメントの確立へ

産業用カメラにおけるローリングシャッター市場は、従来はAptina社センサー搭載5MPを中心とする一辺倒でした。しかしSONY IMXのローリングシャッターセンサーの登場により、ニーズに応じたセグメント化が進んでいます。
今では新たな選択肢として、ローリングシャッタセンサーの中でもより高解像度の要求に対してはAptinaの14MPや、SONY IMXの12MP・20MPを、従来の画素数のままより高画質を、という要求に対してはSONY IMXの6MPを といったように、様々なラインナップの中から最適なセンサーを選べるようになりました。

imgLE02

この市場のトレンドは、ローリングシャッター技術の向上により今後さらに加速していきます。
センサーの読み出し速度の高速化により、ローリングシャッター特有の低い動的解像度の影響は下がってきています。また裏面照射方式のような新たなピクセル設計により、画質は向上しています。こういった技術の向上やセンサーの低コスト化が、市場の独自セグメントを確立させていくのです。

20MPカメララインナップ

imgLE03


医療・ライフサイエンス用カメラ「MED ace」登場!

imgLE04

Baslerは、自社初となる医療・ライフサイエンス用途専用のカメラシリーズとして、Basler MED aceを新たにラインナップに加えました。
ソニー社製IMXシリーズセンサーやオン・セミコンダクター社製PYTHONセンサを搭載し、230万画素から最大2000万画素のCMOSセンサーを搭載しています。

ISO 13485準拠カメラ

MED aceは品質マネジメントシステムのDIN EN ISO 13485:2016に準拠した品質基準を導入しており、従来よりもより厳しい検査・監視下における、MED ace専用のラインで生産されるカメラです。このISO 13485に準拠した製品を提供する事で、医療機器メーカーの監査や製品関連文書の作成にかかる労力を削減したり、EN規格への準拠をサポートしたりといった、メーカーにとって様々なメリットを提供する事が可能です。

MED aceに最適化させたpylonとファームウェア

MED aceにはBaslerが独自に開発した、特別な数々の機能が搭載されています。
カメラ内の色設定を自動で行う「オートカラーキャリブレーション」、特に顕微鏡に適した色補正を行う「自動色調整」や「自動コントラスト調整」、また「長時間露光モード」を搭載し、長時間露光時のホットスポットやダークノイズの軽減を行う機能や、低照度での撮像を可能にする「低照度イメージング」機能も搭載しています。これら機能はカメラ内部のFPGAに搭載されており、MED ace用に最適化されたpylonによって容易に操作出来るものです。

imgLE05

MED aceカメララインナップ

imgLE06


BASLERカメラ最大50%OFF!クリアランスセール実施中!

imgLE07

この度、展示会や貸出し用のデモ機として活躍してきたBASLER製品と、CCDセンサ搭載製品を中心に、クリアランスセールを開催いたします。
最大50%オフ、期間限定、現品限りとなりますので、お早めにご検討下さい。


ace 2000万画素カメラ、MED aceの詳しいご紹介は「LINX Days2018」で!

imgLE08

最先端技術が一堂に集結!技術の祭典「LINXDays」を今年も開催します。
今年のLINXDaysはセッション形式をとることで大幅に講演数を増やし、「画像処理ソリューション」「IIoT(Industrial IoT)技術」「ディープラーニング」「組込み画像処理」といった最新の技術情報、産業界における最新の動向、豊富なユーザー事例をお届けします。

本号で紹介したace 2000万画素、MED aceの詳細情報については、下記セッションでご紹介させていただきます 。

【15:00-15:45/セッションI、16:00-16:45/セッションP】世界No1産業用デジタルカメラメーカーが考える、産業用カメラの未来像

20種類以上を取り揃え産業用カメラ業界において最大級のラインナップを誇るBasler aceシリーズには高画素化・高速化への拡充をしていきます。また、医療・ライフサイエンス向けMED aceシリーズを発表しポートフォリオの強化を行っています。
組み込み用途においてはLVDSに加え、MIPI出力を備えた、小型・軽量・低消費電力の特徴を持つ産業用ボードカメラdartシリーズをラインナップに追加しEmbededd Visionへの取り組みを加速させる中、Basler社が考える、これからの産業用カメラの未来像について解説します。

imgLE09

imgLE10


IIoT Times更新情報

imgLE11

※LINX Express 配信の中止・アドレスの変更をご希望の方は、お手数ですがこちらよりお問い合わせください。