ソフトウェアPLC / Motion / HMI CODESYS とは

CODESYSは全世界で年間100万本のライセンス出荷本数を誇る、ソフトウェアPLC / Motion / HMIです。
ソフトウェアPLCを核とし、Motion制御、HMI作画、フィールドバス通信(EtherCAT, Ethernet/IP, Profinetなど多数)を統合することでオートメーションシステムの開発を強力にサポートします。

本号では、表示器(HMI)を持つ装置を開発する装置メーカーにフォーカスを当て、CODESYSのメリットを解説します。

imgLE01


装置メーカーが抱える課題

近年、市場環境が大きく変わる中で様々な課題を耳にします。
特に装置メーカーにフォーカスすると、より具体的な以下のような問題が顕在化している状態が見受けられます。

エンジニア不足

電気設計ができるエンジニアは多いが、ソフトウェアエンジニアが不足していて装置開発のボトルネックになってしまっている。

海外展開にあたってさまざまな障壁がある

自社内製コントローラを使いこなせる技術者を海外で確保するのが困難であるため、現地での海外企業のニーズへのカスタマイズが難しい。
多数の国の言語への対応が必要だが、メーカー品の表示器では対応しきれない。

コントローラ・表示器の内製化/メーカー品利用それぞれのデメリットが目立つ

コントローラ・表示器に(内製コントローラと比べると)価格が高いメーカー品を利用しているため、価格競争力がない。
Industrial IoTに備えて内製コントローラにもセキュリティ機能を持たせたいが、セキュリティ機能を実装するために膨大な工数が必要となる。
20~30年前に自社装置用にコントローラを内製化し使い続けてきたが、ハードウェアの販売停止に伴い新ハードウェアへの移植が必要になった。しかし開発した当時のエンジニアが退職してしまい、複雑なコントローラのコードの改修ができなくなってしまっていて移植が出来ない。


CODESYSでコントローラ・表示器の内製化ソリューション

これに対し、CODESYSを利用して装置用コントローラを内製化することで、以下のように課題を解決することが可能です。

エンジニア不足

imgLE02

CODESYSを導入することで、C言語などのソフトウェアエンジニア向けのプログラミング言語だけしか利用できないという環境から、ラダー等の電気エンジニアでも理解しやすい言語も利用可能な環境へ変化させることが可能です。
CODESYSはPLCのプログラミング言語の国際標準規格であるIEC 61131-3に準拠しており、電気設計に近いラダー言語や、C言語のプログラミングに近いST言語など計6言語が利用可能となっており、電気/ソフトの両方の技術者が装置のソフトウェア開発に参加可能となります。

imgLE03

海外展開にあたってさまざまな障壁がある

imgLE04

先に述べたように、CODESYSはPLCプログラミング言語の標準規格であるIEC 61131-3に準拠しているため、世界中のPLCプログラマーがプログラミングを行うことができます。
またCODESYS自身も全世界で広く利用されているため、CODESYSを使えるエンジニアを世界各国で確保することも可能です。

imgLE05

imgLE06

世界展開する際に言語対応は必須になりますが、CODESYSを使って表示器を自作する場合、表示機に搭載されているOSで利用可能な言語はそのままCODESYS上の表示器でも利用可能です。またCODESYSの言語切替機能を使うことで、複数の言語を簡単に切り替えて表示することが出来ます。

コントローラ・表示器の内製化/メーカー品利用それぞれのデメリットが目立つ

imgLE06

近年、ARM CPUの性能向上により高性能な組込み用ボードが簡易かつ安価に入手できるようになりました。これにCODESYSを組み合わせることにより、高機能な表示器を安価に内製することが可能となりました。
CODESYSはCPU / OSを選ばず搭載可能なため、安価な装置向けにはARM、高機能な表示器が搭載されるハイエンドモデルにはPC、といった使い分けも可能です。
また、装置に組み込まれた表示器だけでなく、CODESYS WebVisuの機能を利用することでタブレットやスマートフォンなどの外部機器への画面配信も行うことができます。

imgLE08

CODESYSにはユーザー管理、ログイン、通信の暗号化などの様々なセキュリティ機能がすぐに利用可能になります。また常に最新のセキュリティリスクに対しての対策が行われるため、常にコントローラを高いセキュリティ性を維持した状態に保てます。

imgLE09

ソフトウェアです。CODESYSはあらゆるハードウェアへ搭載可能とするために、ハードウェア依存するコード部分を最小化するよう設計されています。
これにより新しいハードウェアへの移行も非常に簡単に行うことが可能です。

imgLE10


まとめ

本号では装置メーカーにフォーカスを当て、CODESYSを使ったコントローラ・表示器の内製化のメリットについて解説しました。
CODESYSを利用してコントローラを内製化することで、人手不足の解消や海外展開時の課題解決の一助を担うことができます。

CODESYSはx86, ARMなどCPUを選ばず、またOSについてもWindows, Linuxはもちろん、様々なOSへと搭載することが可能ですので、コントローラ内製化にご興味のある方はぜひお問い合わせください。

imgLE11

imgLE12


IIoT Times更新情報

imgLE13

※LINX Express 配信の中止・アドレスの変更をご希望の方は、お手数ですがこちらよりお問い合わせください。