エンベデッド・
ビジョン・ソリューション

Message

マシンビジョン業界

今、マシンビジョン業界は大きな変革の時を迎えています。従来のパソコンベースのシステムに加えて、自社ニーズに合わせてカスタムしたエンベデッド・ビジョンシステムを導入するという新たな選択肢が、とても身近なものになってきています。

マシンビジョン業界はこれまで、GigEVisionやUSB3Visionなど汎用インターフェースによってデジタル化され、また、CCDからCMOSへの完全移行が進むなど、一般市場で鍛えられた民生技術の流入によって進化してきました。そして今、携帯電話、家電、自動車など民生市場で鍛えられたSoCテクノロジーによって、マシンビジョンは最後の大きな変化を遂げようとしています。

SoC

最近のSoCの演算能力は、一般的なものであっても数年前のPCに匹敵します。ディープラーニングもSoC上で実現できますし、OSやインターフェース、ドライバなど周辺環境の標準化も進んでいます。今やHALCONやBASLER社カメラも、i.MX8やJetsonといったSoC/SoMに標準的に対応しています。このように、エンベデッド・ビジョンシステム導入の敷居は大きく下がってきています。

SoCには、CPUやメモリだけでなく、カメラインターフェース(例えばMIPI)やイメージプロセッサ(ISP)も一つにまとめられています。これらを活用することで、パソコンの代替となるだけでなく、産業用カメラからFPGAやインターフェースチップを削減することができます。年間数百台のマシンビジョンシステムを構築しているお客さまであれば、我々が提案するようなSoCを活用したエンベデッド・ビジョンシステムを導入することで、構造的なコストダウンを実現でき、大きなコストメリットを享受できると考えています。

我々リンクスは、マシンビジョンに関する豊富なノウハウと、
鍛え抜かれた組込機器開発技術を融合し、
これからの時代に最適なビジョンソリューションをお客様に提供します。