BASLER microEnable5 Marathon 次世代標準モデル

BASLER社のMarathonシリーズは、高いコストパフォーマンスで多様な画像処理アプリケーション実現を可能とする次世代標準画像入力ボードです。
最新のFPGA技術を導入し、複雑な処理をローコストに実現します。

機能特長

  • 特長1 : 最新FPGA搭載による回路規模拡大

    Xilinx社の最新FPGA Kintex7の搭載により、現行モデルを大きく上回る回路規模を実現しました。 より複雑な処理が実現可能となり、FPGA画像処理の幅が広がります。

  • 特長2 : フロントトリガ搭載

    PCIパネルにトリガ用I/Oコネクタ(In/Out 4点/2点)を搭載し、1スロットでのシステム構築が可能となりました。 従来のトリガーボード(In/Out 8点/8点)との併用も可能であり、柔軟なシステム構成を選択できます。

  • 特長3 : PCIe x4(Gen2)に対応

    PCIe x4(Gen 2)に対応する事で従来の2倍のデータ帯域を確保しました。 FPGAで処理した様々なフィルタ結果の転送や、カラー画像の扱いなど、より柔軟かつ高速なアプリケーションを実現できます。

  • 特長4 : 圧倒的コストパフォーマンス

    microEnable5 Marathonシリーズは上記のような様々な機能改善だけでなく、 現行機と変わらぬ価格帯を実現し、圧倒的なコストパフォーマンスを誇ります。 次世代標準シリーズとして、高い機能性、優れた利便性を低価格で実現し、高速高解像が必要とされる幅広いマーケットに貢献します。

仕様

型番 ・Aタイプ:Marathon-ACL
・Vタイプ:Marathon-VCL (FPGAカスタマイズ可能モデル)
画像入力インターフェース ・CameraLink 2.0, GenICam GenTL対応
・Base: 2台、Medium, Full, Deca: 1台
・カメラ接続: SDRコネクタ x2
・ピクセルクロック: 最大85MHz
・PoCL(Base, Medium, Full, Deca)対応
搭載FPGA ・Xilinx Kintex7 XC7K160T(Vタイプ)
VisualAppletsによりFPGA画像処理を
 自由にカスタマイズ可能(Vタイプ)
オンボードメモリ ・DDR3-RAM 512MB(Aタイプ)
・DDR3-RAM 2GB(Vタイプ)
形状ハーフサイズ(167.64mm x 111.15mm)
汎用IO ・フロントGPIO(ミニD-Sub15pinコネクタ)
 入力: オプトトリガ(4.5V~28V、最大1MHz)、最大4点
  (ソフトウエアから下記3つを切替可能)
   ①差動信号(RS422) x3
   ②差動信号(RS422) x2 + シングルエンド信号 x1
   ③シングルエンド信号 x4
 出力: TTL (最大20MHz)、2点
・拡張IOボードで8点/8点の入出力の追加が可能
ソフトウエア ・Windows 7, 8, 10, Linux対応。32bit/64bit OS対応
・無償のSDK付属: C/C++ API, .NETインターフェース
・取り込みビューアーソフト付属
・HALCON等様々な画像処理ライブラリに対応
VisualAppletsによりFPGA処理のカスタマイズが可能(Vタイプのみ)

外形図