HALCON Progress Editionに新機能が追加

HALCON Progress Editionには、半年に一度、画像処理新機能が追加されていきます。最新版の「18.05」には、より幅広い用途でHALCONディープラーニングをご利用いただける様、以下の機能が追加されました。

CPUでディープラーニングの分類処理ができるように進化!

最新版では、ディープラーニングの分類処理を、CPUだけで実行できるようになりました。これにより、学習済みディープラーニングネットワークを用いて良否判定を行うようなシステムを、GPUを持たない通常のPCで実現できるようになり、コストダウンやメンテナンス性向上に貢献できます。
CPUでの分類は、GPUを用いた分類と比べて処理時間の低下が懸念されますが、MVTec社の洗練された実装により、ミドルクラスGPUと同等の処理時間を実現しています。

imgLE01

様々な大きさの画像を柔軟に扱えるように進化!

ディープラーニングの学習・分類を行う際、これまでは入力画像は自動的に224 x 224pixelに正規化されていましたが、最新版ではその正規化のサイズを指定できるようになりました。これにより、様々なサイズの画像を直接学習、分類に適用できるようになっています。例えば、大きな画像に含まれる小さな特徴を捉えた学習・分類の性能がさらに向上します。

imgLE02


HALCONディープラーニングを使いこなす

HALCONの無償評価ツールHALCON Trial Kit

HALCON Trial Kitにお申込いただければ、ディープラーニング機能が試せるHALCON Progress Editionの評価ライセンスを提供させていただきます。約1ヶ月間の無償評価が可能です。



imgLE03

HALCONディープラーニングトレーニングの追加開催決定

ご好評につき満席が続いていたディープラーニングトレーニングコースの追加開催が決定しました。
7月20日(金)午後、および、8月24日(金)午後に、リンクスにて開催します。
ご参加ご検討、宜しくお願いします。



imgLE04

画像センシング展出展、及び企業セミナー開催

パシフィコ横浜で6月13日(水)~15日(金)に開催される画像センシング展では、リンクスブースにて、様々なディープラーニング活用事例を展示します。皆様のご来場をお待ちしております。
また、6月15日(金)12:00~12:50、同会場にて、企業セミナーを開催し、ディープラーニング事例を中心に解説いたします。

imgLE0*

画像センシング展の詳細についてはこちら:

https://www.adcom-media.co.jp/seminar/2018SS/session/I-321.html


HALCON Progress Edition その他の主な機能追加

モデルデータの自動解放

これまで、(例えばcreate_shape_modelなどで)作成したモデルを使い終わったら、clear系の関数(例えばclear_shape_model)を呼び出してメモリを解放する必要がありました。今後、clear系関数を呼び出さなくてもHALCONが自動的にメモリを解放してくれるようになります。これにより、メモリリークのリスクを低減させることができ、かつ、開発効率を向上させることができます。

バーコード読取機能の改善

エッジ検出機能が最適化され、ライン幅の細かいバーコードやぼやけたコードに対する読み取り性能が更に向上しました。また、ISO/IEC15416規格の最新版にも対応済みです。

デフレクトメトリ機能の性能向上

反射率が極端に高い対象物の局所的な変形や傷を検出するデフレクトメトリという機能に更なる改善が施され、部分的に強く光を反射するような対象物にも適用しやすくなりました。

ハイパーセントリックレンズに対応

HALCONのカメラキャリブレーション機能が、円筒形ワークの側面検査などで使われるハイパーセントリックレンズにも対応しました。

サーフェスマッチング機能開発支援ツールの追加

3次元データどうしの位置決めを行う際に使われるサーフェスマッチングのパラメータを、より直感的に設定できるようになるツールが追加されました。

HDevEngine機能の利便性向上

HDevelopで作成した画像処理機能(プロシージャファイル)を、C++だけでなく、.NET環境でもVisual Studioから一つの関数として呼び出せるようになりました。

imgLE06

お見積依頼や問い合わせは、sales_halcon@linx.jp、または045-979-0731でHALCON営業担当までいつでもご連絡ください。また、お客様からいただくことの多い質問と回答をまとめた特設ページを準備しました。こちらも合わせてご参照ください。

imgLE07


IIoT Times更新情報

imgLE08

※LINX Express 配信の中止・アドレスの変更をご希望の方は、お手数ですがこちらよりお問い合わせください。