世界をつなぐ、未来を創る技術商社マンになる!|17新卒|2017年 入社

入社を決めた理由

私は就職活動を始める前まで自分がどのような職種に就きたいのか決めきれずにいました。理系で大学院にも進学していたので今まで勉強してきた知識や経験を活かせるような職種に就きたいとは漠然と思っていたのですが、研修職や開発職、技術職などのなかからどの職種が一番自分に合っていてやりたいことなのか悩んでいました。

そんな中出会ったのがリンクスでした。偶然私の出身大学で開かれた会社説明会に参加することになり、説明を受けました。この時初めて「技術営業」という職種があることを知りました。そのなかでもリンクスは世界最先端の技術を日本に広めていくビジネススタイルで自身の成長や興味も踏まえとても魅力を感じました。また、もともと人と接することが好きなタイプだったこともありこの職種にとても興味を持ち、この職種なら今まで培ってきた知識や経験も活かせて、人とも広い範囲にわたって関わりあえることから私に一番合っていると感じ入社を決めました。

リンクスでの仕事

私は現在、制御製品の技術サポートおよび企業訪問し製品紹介などを日々の業務として行っています。技術サポートに関しては、やはりお客様の問題を解決することが第一となってきます。正直なところ私の担当する製品は扱い始めたばかりのもので、お客様からの問い合わせに対し開発元に相談を持ち掛けることも少なくないのですが、私はその中で開発元からの回答に付加価値をつけお客様に回答することを日々心がけています。例えばサンプルプログラムを作成したり図やグラフにまとめたりして報告することもあります。それに対しお客様から「わかりやすいサンプルまで用意していただきありがとうございます」という言葉をいただいた時はとてもやりがいを感じました。

製品紹介に関しては、私の紹介でお客様が製品を採用してくれるかが決まるため、十分製品のことを理解し、この製品でできることや利点、欠点を正しくわかりやすいように伝えることが重要になります。まだまだ日々製品について理解を深めているのですが、私の紹介でお客様が製品に興味を持ち製品の評価の段階につながった時は大きな達成感を感じました。これから更に製品のことを知り、私の製品紹介で製品を購入してもらえるようになったら大きなやりがいを感じられると思っています。

また、入社して半年で開発元に行かせてもらえる機会を頂きました。実際に開発しているエンジニアから直接製品の機能紹介や使い方を学ぶことができ非常に身になりました。さらにお客様からの問い合わせ内容でわからないところを議論する時間もとっていただき、あまり英語は得意ではなかったのですが四苦八苦しながら何とか問題解決まですることができ、とても刺激的な経験になりました。

リンクスはどんなところか・リンクスの良さ

リンクスでは、若いうちから自身のスキルアップを感じられます。私の場合、入社して4ヵ月で担当製品の重要な顧客の技術対応をメインで任されました。もちろん初めはほとんど何もわからなかったので先輩に相談したりすることが多かったです。しかしお客様との日々のやり取りや先輩からのアドバイスもあって、その中でもお客様より問い合わせがあった内容のどこの部分が問題でどのように解決に向かって動けば良いのかなど探求する日々が続き、現在では問い合わせの多くを自己解決できるレベルまで達しました。

また自身が担当する製品の説明や使い方をお客様に教えるトレーニング講師も任されています。講師をするということは製品を深く知っていなくてはならないし、そういった経験も今までなかったので準備にはとても苦労しました。しかし講師を無事にやり遂げたことはとても自信になりました。

さらに製品の開発元が海外ということもあり、開発元への技術相談はすべて英語となることや今後実際に開発元を訪問し直接トレーニングを受ける機会などもあり、入社以前より英語が非常に身近なものとなってきていて、自身の英語力の向上が身をもって実感できています。このように、リンクスでの業務は非常に刺激的であり、自身のスキルアップのチャンスにあふれています。

一日の流れ

一日の生活

休日の過ごし方

アウトドアなタイプなので休日は外に出かけていることが多いです。特に体を動かすことが好きなので、最近だとボルダリングをしたりして体を動かしています。
また、いろんなところへ旅行するのが好きなので休日はどこかへ旅行しに行ったりもします。

いろんなところへ旅行するのが好きなので休日はどこかへ旅行しに行ったりもします ボルダリングをしたりして体を動かしています