ビジネスのユーティリティプレーヤーになりたい|17新卒|2017年 入社

入社を決めた理由

「技術と営業の両面を学ぶことができる」と思ったことが最大の理由です。私は、情報工学を専攻しており、開発職に就くだろうと考えていました。しかし、技術職のみを仕事として良いのかという漠然とした不安も抱えていました。なぜならば、一般的に開発職に就くと、開発した製品がどのように価格設定がされ、どのように販売されているのか分からないためです。販売までの流れを知らずに開発のみを行うと、どのような製品に価値があるとみなされるのか理解できないまま働いてしまうのではないかと感じていたからです。

そこで、就職活動は営業と技術の両面を学ぶことができる企業を探していたのですが、大企業などは入社するときから技術は技術、営業は営業と決められており、両方を高めることは難しいと感じました。そんなときに、友人からリンクスを薦められました。会社見学に行ってみると、
・若いときから責任感のある仕事ができる
・技術と営業の両面を学べる
・一人ではなくメンバーと連携を取りながら、最大成果を生み出す
というキーワードに魅力を感じ、ここなら入社直後から能力を高めることができると感じ入社しました。

リンクスでの仕事

私は、技術部署に配属され、10月からは営業の部署で働いています。技術部署では、様々なお客様のサポートを行っていました。お客様が作成したいアプリケーションの土台となるプログラムの作成や、いただいた質問に回答するといった業務をしていました。お客様のサポートでは、たとえば、「金属部品の傷を見つけたい」という案件に対し、HALCONを用いるとどのようなアプローチで傷を見つけることができるかについて、サンプルプログラムや説明のための資料の作成を行いました。

他にも、取り扱っている製品のトレーニング講師を務めました。トレーニングに参加してくださるお客様は、HALCONを使用していて詳しい方や、名前くらいしか知らない方など様々な方がいらっしゃいます。その中で、全てのお客様に満足していただけるよう、お客様のレベルに合わせた説明方法を数パターン持っている必要があります。そこで、先輩方にトレーニングの練習を見ていただき、その都度アドバイスをいただきながら、説明方法を身に着けました。

営業部署に配属されてからは、お客様の持っている課題のヒアリングから、HALCONを用いてどのように解決できるかの説明を行い、お客様に満足して購入していただける努力を行っています。まだ配属されたばかりなので、先輩方の営業活動に同行して、どのように説明をすれば納得していただけるか、どのようにお客様を探し出すかについて、日々勉強しています。営業活動をするにあたり、いくつかお客様に聞く項目があるのですが、同じことを聞いたとしても、聞き方一つで聞き出せるかどうか変わってきます。その聞き方についても、先輩方を見ながら勉強しています。

最後に、リンクスでは一日一日の密度が非常に濃く、何も学ばなかった日は一日もありません。以前は答えられなかった質問に回答でき、お客様が質問された内容だけでなく、その一歩先を行く回答ができるようになったときに、成長したと感じることができます。また、トレーニングの講師や、お客様との接客など、若いうちから様々な仕事をさせていただけるのもリンクスの特徴だと思います。責任感のある、やりがいのある仕事はリンクスだからできると思います。

リンクスはどんなところか・リンクスの良さ

リンクスは成長スピードが桁違いだと思います。
入社直後から展示会のデモ機を作成し、お客様の前で説明する機会をいただいたり、製品ベンダーに英語でメールを書いたり、様々な業務に取り組むことができます。ここまで早く、様々な業務を任せていただけるのもリンクスの良さじゃないかと思います。その際、周りには頼りがいのある先輩方がいらっしゃるので、その都度質問することもでき、多くの知識をつけることができます。

若いうちから多くの経験を積みたい人、責任感のある仕事を積極的に取り組みたい人は、リンクスで働くべきだと思います。
リンクスは、働いた分チャンスをもらえる会社であり、より達成感のある仕事をすることができます。

一日の流れ

一日の生活

休日の過ごし方

昨年まで福岡に住んでいたため、関東に住んでからは、観光に多く出かけています。春は、初めて東京ディズニーシーに行きました。また、関東はイベントなどが多くあるので、妻とイベントに出かけています。春は肉フェス、夏はパンフェスに行きました。土日祝日は休みなので、平日は一生懸命働き、土日は一生懸命遊ぶといったメリハリのある生活をすることができます。

春は、初めて東京ディズニーシーに行きました 春は肉フェス、夏はパンフェスに行きました