様々な分野に触れ、世の中の変化に対応していく|16新卒|2016年 入社

リンクスに決めた理由

私は就職活動中、本当に自分がやりたいことは何なのか、2つの選択肢のうちどちらを選ぶかでずっと悩んでいました。研究職につくのか、それとも技術者になるのか。その2つの選択肢を間で揺れていました。

答えが出せないそんな時に出会ったのがリンクスという会社でした。大学主催の合同企業説明会の会場で、たまたま目にした「画像処理」というキーワードに惹かれリンクスの会社説明会に参加しました。その場では概要の話のみでしたが興味を惹かれた私は、その後の別の時間帯に予定されていた個別の会社説明会に行ってみることにしました。そこで私はリンクスの会社紹介のプレゼンを聴きました。こんな業界もあるのか!と、衝撃を感じたことを今でも覚えています。研究職か技術者かで揺れていた私に特に響いたことは【技術商社】での働き方が、「技術を持って、様々な開発に携わることができる」ということでした。

自分が思い描いていた範囲をこえて、より幅広い分野を見ること、自分の技術力で触れることで、柔軟な思考や高いスキルを養えると思い、リンクスへの入社を決意しました。

リンクスでの仕事

私はソフトウェアPLCであるCODESYSという製品のテクノロジー・コンサルト業務をしています。ソフトウェアPLCとは汎用CPU、汎用OSとこのソフトウェアPLCを組み合わせることでPLC(programmable logic controller)を作成することができるソフトウェアのことです。(PLC:ロボットや装置を制御するためのプログラムが書き込まれたコンピュータのこと)

お問い合わせの内容はとても幅広く、CODESYSの使い方はもちろんのこと、通信規格やプログラミング、ハードの知識も求められるようなものもあります。基本はメールでサポートを行いますが、必要があれば電話でお客様と話し合い、どこに問題があるのかを探り出します。
以前、PLCの操作画面を作成する機能をお客様にご使用いただいたことがありました。その時に、ある操作をすると一瞬だけコマンド画面が出てきてしまい、これを解消したいとのお問い合わせをいただきました。
この症状の回避方法をベンダーにも問い合わせ、いくつも案を試しましたが、解消されませんでした。このままでは解決までに時間が掛かってしまうと考えた私はお客様と電話で話し合い、何が実現できれば良いのかを聞き出しました。
そして、その実現したいことを違う手順を踏むことで達成する方法をお客様にお伝えし、無事に問題を解決することが出来ました。

このように何が問題か、何を達成すればよいか、ということを把握するのはサポートを行う上でとても重要になってきます。
この時のお客様には「ありがとうございます、大変助かりました」とお言葉をいただき、とても達成感がありました。

スキルアップに最適な場

私は自身のスキル向上に重きを置いています。これは時代がどんなに変化したとしても技術力を身に着けていれば対応できると考えているからです。近年、世界情勢の様々な変化に伴い、世界のニーズもウォンツも急激に変化しています。ですが、そんな時代だからこそ私は技術が必要だと考えています。リンクスはスキルアップを考えている方には最適の場所です。ごく限られた技術ではなく、多様なスキルを身に付ける機会とその必要性があります。

私は入社して一年目は画像処理のサポートを行っておりましが、二年目には制御分野のサポートを担当することになりました。これによって、画像処理の世界だけでなく制御の世界も見ることが出来るようになり、お客様により広い提案をすることが出来るようになりました。例えば、画像処理をやっていた時には装置全体の制御などはあまり考えておりませんでしたが、制御の世界を知ることによってどのような信号を画像処理ユニットから出すべきなのか、などを考えるようになりました。このように、より幅広い視野、幅広い知識を得たい方にはリンクスは最適な場であることを保証します。

一日の流れ

一日の生活

休日の過ごし方

地元を散歩したり買い物したりとのんびり過ごしています。私は小さい頃から横須賀に住んでいるのですが、その影響なのかいつの頃からか護衛艦に興味を持っていました。たまに護衛艦を見るためだけに公園に行ったりもしています。(公園から護衛艦や潜水艦などが見えます)
また、以前私はアーチェリーをしていた経験があり、現在の目標はいつか自分の弓を購入し、またアーチェリーを始めることです。

記念艦みかさ 護衛艦いずも