最先端技術に触れる感動を多くのお客様に伝えたい|2010年 入社

入社を決めた理由

就職を考えていた大学院生の時期に学生がそれぞれの研究成果を発表する授業がありました。そこで様々な学生の発表を聞き、自分の知らない面白い技術や研究が多く存在すること、発表する人によってその技術に対しての印象が変わることに気づきました。これをきっかけに、最先端の技術を見つけてそれをわかりやすく伝えることには価値があるのではと思い、そういったことを行う職業に就きたいと思うようになりました。

なかなかそのような会社が見つからずにいたときに、先輩に誘われてリンクスの会社説明会に参加しました。リンクスはまさに私が思い描いていたような会社であり、小さい会社ながらも優れたメンバーが多く、これからも成長していきそうな空気を醸し出していました。せっかくならば伸びていく会社で、やりたいことをやりながら自分も成長していきたいと思って入社を志し、今に至ります。

リンクスでの仕事

現在のリンクスのメイン事業である画像処理部門の中でも中核を担う製品である画像処理ライブラリHALCONの技術営業をしています。営業ですので製品を買っていただくのが仕事ですが、そこに至るまでには様々なことをしています。
まずはお客様を探すため、ホームページや展示会などで製品をアピールします。例えば展示会では、技術サポートや広報チームなどと連携して、展示テーマや具体的な展示物(デモ機など)を決め、準備します。

展示会などでお客様に興味を持っていただいたら、実際に訪問するなどして会話をし、時にはお客様の作った装置や工場のラインなどを見ながら、困りごとを聞きます。ここでしっかりと困りごとを聞いておくことが重要です。お客様の困りごとと、HALCONでできることを照らし合わせて考えなければ、よい提案はできないからです。お客様が漠然と抱えている困りごとを、お客様と一緒に整理していくのです。
困りごとを聞いた後に、お客様に「HALCONなら困りごとが解決できる」と感じてもらうことも大切です。例えばお客様が「自分たちのやりたいことができそう」、「自分たちでも使いこなせそう」と思えるよう、訪問した際に実際にHALCONでサンプルプログラムを作ったりします。
自分たちだけでは解決できないな、と感じているお客様には、解決できるパートナーやリンクスでは取り扱っていない製品の紹介をすることもあります。
こういったことを繰り返すことにより、お客様の困りごとは解決し、結果としてHALCONを買っていただけるのです。

社内のメンバーや開発元と連携してお客様の課題を解決していくことも、営業として重要な役割であり、面白いところでもあります。組込環境という、従来とは異なる環境でHALCONを動作させたいというお客様に対して、動作させるための手順書やベンチマーク結果が必要となったことがありました。リンクスとしても開発元としても経験が少ない中ではありましたが、社内で実験を行ったり開発元より情報を提供してもらったりすることでお客様にご納得いただくことができました。

リンクスはどんなところか・リンクスの良さ

リンクスには、社員それぞれが成長できるような環境が用意されています。
例えば私自身、営業になる前は技術サポートや業務のチームにいた時期もあり、それぞれリーダー的な立場で仕事をしていたこともあります。自分自身や会社のステージに合わせた仕事に取り組むことにより、その時分にあったスキルや考え方を身につけることができ、現在の営業の仕事にも役立てることができています。

仕事の幅が広いだけではなく、技術的な面やビジネス的な面でも多くの刺激があり、成長の機会があります。リンクスでは様々な世界最先端の製品を取り扱っていますが、社内にはそれぞれの製品の専門のメンバーがいます。それらのメンバーと会話することで、いつでも最新技術の情報を得ることができます。また、我々のお客様はものづくりの最先端を走っている方ばかりです。そういったお客様と会話することでも自分の視野を広げることができます。

一日の流れ

一日の生活

休日の過ごし方

週末は妻や子供と近くの公園へピクニックに行くのを楽しみにしています。
また土地柄、バスケットボールや野球などのスポーツ観戦もよくいきます。ベテランと言われるようになってきた同年代の選手達をついつい応援してしまいます。

登山シーズンには友人たちと山に登り、都会の喧騒から解放され、日々の生活では感じられない達成感を味わっています なるべく土日のどちらか一方は外に出るようにし、アクティブな休日を過ごしています