LMI TECHNOLOGIES www.lmi3D.com

Gocator

光切断プロファイルセンサー

光切断プロファイルセンサー
ワンショットで3次元データを取得します。
豊富な測定ツール群が内蔵されており、様々な分野の非接触インライン検査アプリケーションで活躍します。

特長

特長

光切断プロファイルセンサーシリーズはシンプルで汎用性も高く、対象物を移動させながら撮影した断面プロファイルから3次元形状を復元することもできます。豊富なラインナップをご用意していますが用途に応じてカスタマイズも可能です。

  • umレベルの高精度スキャンがすぐにできるよう
    キャリブレーション済み
  • 高速処理ですぐに計測結果を取得
  • 全てウェブブラウザーから設定・制御可能
  • 測定ツール内蔵でプログラミング不要
  • オープンソースのSDK
  • メガピクセル解像度で広い視野

    プロファイル点数1280の高解像度をと高輝度なレーザー出力を活かして大きな視野でもumレベルの精度で計測が可能です。
    最大計測幅1260mm、最大計測高さ800mmでタイヤや丸太などの大きな対象物をワンスキャンで撮影します。

  • 使用が簡単

    GocatorはWebサーバー機能を内蔵しており、プロファイリング設定や測定機能の追加をWebブラウザーから行うことができます。
    よってPCやOSの種類を問いません。
    特にソフトウェアをインストールする必要もないので、開梱後すぐに設定・機能追加を容易に行うことができます。

  • スタンドアロンで高い拡張性

    Gocatorは追加のコントローラー、アンプ、PC等を必要とせず、センサー本体のみで動作が可能です。
    オプションのマスターハブを使用することで、複数台(最大24台まで)のGocatorへの給電とエンコーダー同期が行え、更に広い視野を高精度で一度に計測するシステム構築が可能です。

  • コンパクトで軽量

    Gocatorはコントローラーを内蔵しながらも重量は1.5kg未満で設置面積も小さくそれでいて頑丈な筐体を採用しています。
    ロボットアームへの取付けなどスペースが確保できない場合にも最適です。
    またGocatorに接続するケーブルは全てロボットとも安心してお使い頂ける高屈曲設計のケーブルです。

仕様

製品概要へ戻る