LinX Express

※LinX Express は、日頃お付き合い頂いているお客様、展示会やセミナー等でお名刺を戴いた方、また、雑誌やホームページから引合を戴いた事のあるお客様へ配信させて戴いております。

 
 
Gocator撮影データ公開! 3次元と2次元の同時撮像

LMI Technologies社の「Gocator」シリーズは、本体のみで3次元寸法測定や画像処理を使用した合否判定行うことができるオールインワン3Dスマートセンサーです。
3次元計測のためのキャリブレーションも済んだ状態で出荷されますので、これまで全く3次元計測を行われていなかった方々も、Gocatorを用いる事で手軽に、すぐに、3次元計測を実現できます。
さらにこの「Gocator」シリーズでは3次元情報を取得しながら同時に自分のレーザー光を光源として2次元の輝度画像(白黒)を撮像することが出来ます。
今回はこのGocatorの輝度画像取得機能を使用して撮像したデータをご紹介します。

 
 
Gocatorによる3次元処理と2次元処理の融合

Gocatorは3次元データだけでなく、一般的なラインセンサのように2次元画像も同時に撮像することができます。

例えば、凹凸などの欠陥検出と同時にシミ・汚れのような凹凸に現れない欠陥の検査を行うことが可能になります。

しかも、2次元画像のXとY、3次元高さ画像のXとYは一致しているため、2次元表面検査の結果と3次元検査の結果を完全に重ね合わせることができます。

またGocatorは本体のレーザー光を光源とし、その光以外は遮断して2次元画像を撮像するため、外乱光の影響をほとんど受けず、さらに別途照明を用意する必要なく撮像することができます。

Gocatorは本体とパソコンをLANケーブルで接続するだけで撮像データを取り込むことができます。また、撮像や設定調整、結果確認をWebブラウザー上で行うことが可能です。Webブラウザーでの表示では、高さデータに2次元画像を貼り付けて表示することも可能です。


  Gocator × HALCON の親和性

GocatorはGENICAMトランスポート層をサポートしており、HALCONを使用して一般的なカメラを扱うように3次元データと2次元データを同時に取得することが出来ます。
HALCON12では標準サンプルにGocatorからのデータ取得サンプルプログラムが付属しているため、Gocatorの撮像データから3次元オブジェクトへの変換といった処理を容易に行うことができます。

HALCONで3次元オブジェクトに変換することにより、サーフェスマッチングなどHALCONの優れた3次元処理機能を使用することが可能になります。
また、先述の2次元画像と組み合わせた画像処理も可能ですので、高さ情報では捉えられない汚れなどの欠陥検出の他、印刷文字のOCRやバーコード、二次元コードの読み取りなども同時に処理することができます。

下記の例では、ノギスの3次元形状を得るのと同時に一緒に撮影された箱に印刷されている2次元コードの読み取りを行っています。このように、3次元データと2次元データを組み合わせる事で、一つのデバイスで幅広い処理が可能になります。

 
 
リンクス・マシンビジョン・セミナーのご案内

LMI Technologies社のGocatorシリーズにより広がる新たな可能性、製品ラインナップ、技術情報、デモ実演に関しまして、11月11日〜13日に開催されるリンクス・マシンビジョン・セミナーにて紹介致します。皆様のご参加をお待ちしております。



※LinX Express 配信の中止・アドレスの変更をご希望の方は、お手数ですが右の「ご登録内容変更」よりお問い合わせください。