LinX Express

※LinX Express は、日頃お付き合い頂いているお客様、展示会やセミナー等でお名刺を戴いた方、また、雑誌やホームページから引合を戴いた事のあるお客様へ配信させて戴いております。

 
 
LMI社 Gocatorシリーズの国内総代理店契約締結のお知らせ

2015年9月18日、株式会社リンクスは、LMI Technologies Inc. の三次元スマートセンサーGocatorシリーズの国内総代理店として契約を締結しました。LMI Technologies社のGocatorシリーズの販売を開始します。LMI Technologies社は、本社をカナダ・バンクーバー、支社をアメリカ・デトロイト、ドイツ・ベルリン、中国・上海等に9支社備え、三次元計測機に特化したプロ集団として1978年に設立致しました。一体型の三次元スマートセンサーならではの置くだけで計測出来る手軽さと、本体内蔵ソフトウエアが提供する優れた計測ツールと、豊富なIOインターフェースの組み合わせで、新たな三次元計測・検査の形をご提供します。

 
 
新規取扱製品のご紹介

LMI Technologies社のGocatorシリーズ国内総代理店契約締結に伴い、2015年10月1日より製品の取扱を開始いたします。製品の詳細に関しましては、弊社営業窓口(sales_lmi@linx.jp)までお問い合わせ下さい。


  Gocator 2300シリーズ

Gocator2300シリーズは、一体型の光切断三次元スマートセンサーです。IP67の堅牢な筐体に収められたキャリブレーション済のラインレーザーとエリアカメラで高さの実測を置くだけで行えます。
広視野(幅1,260mm,高さ800mmまで)、高精度(1,280プロファイル,Z測定精度1.8um〜)、高輝度(レーザークラス2M, 3R, 3B)の特長を持ち、大きい対象も、黒い対象も正確に計測可能です。
また、搬送系と組み合わせることにより、三次元表面形状での三次元計測が可能となり、同時に撮影される画像と組み合わせて、同時に二次元画像処理を行うことも可能です。


  Gocator 3100シリーズ

Gocator 3100シリーズは、一体型の縞投影三次元スマートセンサーです。IP67の堅牢な筐体に収められたキャリブレーション済の縞投影機とデュアルカメラで、一定の区画の三次元計測が行えます。 Gocator 2300シリーズと異なり、搬送系が不要であることが最大のメリットです。


  Gocatorシリーズ共通ファームウエア

Gocatorシリーズに搭載されるファームウエアは共通です。本体の調整や設定は、必要な時にLANケーブルで接続し、本体に内蔵されたWebサーバーへブラウザーでアクセスします。
内蔵ファームウエアでは、本体の設定だけでは無く、各種計測ツールを利用して検査結果を得ることが可能です。


  Gocatorシリーズ共通HALCONインターフェース

GocatorはGenTL driverによるHALCON I/Fをサポートしています。GocatorとPCはEthernetで接続し、カメラと同じ方法で高さ画像と輝度画像を同時に取り込むことができます。
最新のHALCON12にはGocatorの標準サンプルプログラムが同梱されていますので、PCに接続後すぐHALCONで画像の取り込みや三次元処理・画像処理を行うことが可能です。

 
 
リンクス・マシンビジョン・セミナーのご案内

LMI Technologies社のGocatorシリーズにより広がる新たな可能性、製品ラインナップ、技術情報、デモ実演に関しまして、11月11日〜13日に開催されるリンクス・マシンビジョン・セミナーにて紹介致します。皆様のご参加をお待ちしております。



※LinX Express 配信の中止・アドレスの変更をご希望の方は、お手数ですが右の「ご登録内容変更」よりお問い合わせください。