LinX Express

※LinX Express は、日頃お付き合い頂いているお客様、展示会やセミナー等でお名刺を戴いた方、また、雑誌やホームページから引合を戴いた事のあるお客様へ配信させて戴いております。

 
 
動画で体験「VisualApplets」! FPGAによる肌色抽出画像処理開発

Silicon Software社の「VisualApplets」は、FPGAの専門知識を必要とせずFPGA画像処理開発を可能とする開発環境です。これまで全くFPGA開発を行われていなかった方々も、VisualAppletsを用いる事で圧倒的な短期間でFPGA画像処理開発を実現されています。
今回はこのVisualAppletsを使用し、FPGAの得意とするカラー処理の例として画像から肌色を抽出し表示するプログラム開発の流れをご紹介します。5分間の動画にて、プログラムの開発から実際にFPGAで動かすまでをご覧いただけます。

 
 
次世代標準Marathonシリーズ、FPGAカスタマイズモデル9月リリース!

Silicon Software社は、次世代標準フレームグラバーとして「高い機能性、優れた利便性、低価格」を兼ね揃えたMarathonシリーズをリリースします。その第一モデルとして、CameraLinkインターフェースにてFPGA処理のカスタマイズが可能なMarathon-VCLが9月より量産開始となります。様々な機能特長により、FPGA画像処理の可能性が更に広がります。デモ機のご評価やお見積もりのご依頼は営業窓口(sales_siso@linx.jp)までお気軽にご連絡ください。


■ 特長1: 最新FPGA搭載による回路規模拡大
Xilinx社の最新FPGA Kintex7の搭載により、現行モデルを大きく上回る回路規模を実現しました。より複雑な処理が実現可能となり、FPGA画像処理の幅が広がります。

■ 特長2: フロントトリガ搭載
PCIパネルにトリガ用I/Oコネクタ(In/Out 4点/2点)を搭載し、1スロットでのシステム構築が可能となりました。従来のトリガーボード(In/Out  8点/8点)との併用も可能であり、柔軟なシステム構成を選択できます。

■ 特長3: PCIe x4(Gen2)に対応
PCIe x4(Gen 2)に対応する事で従来の2倍のデータ帯域を確保しました。FPGAで処理した様々なフィルタ結果の転送や、カラー画像の扱いなど、より柔軟かつ高速なアプリケーションを実現できます。

■ 特長4: 圧倒的コストパフォーマンス
Marathonシリーズは上記のような様々な機能改善だけでなく、現行機と変わらぬ価格帯を実現し、圧倒的なコストパフォーマンスを誇ります。次世代標準シリーズとして、高い機能性、優れた利便性を低価格で実現し、高速高解像が必要とされる幅広いマーケットに貢献します。

※LinX Express 配信の中止・アドレスの変更をご希望の方は、お手数ですが右の「ご登録内容変更」よりお問い合わせください。