宮田 孟

宮田 孟

「技術だけでなく売るところまで
任されているところに魅力を感じた」

売上を意識できるエンジニアとして働きたい。
世界最先端の技術を普及させることで社会貢献をしたいと考えている方へ最適な職場です。

2015年4月 入社

宮田 孟(筑波大学大学院 システム情報工学研究科 卒)

リンクスとの出会い

私にとってリンクスとの出会いは、偶然でした。就職活動のとき、私は「マーケティング意識を持ったエンジニアになりたい」・「若いうちから裁量権を持ち働きたい」と考えていました。様々な企業の説明会に行きましたが、エンジニアは最初からエンジニアとして、営業は最初から営業職として採用を行っている企業がほとんどでした。技術に興味のある私としては、やはりエンジニアとして就職しようかと迷っていて、普段あまりいかない大学のカフェに行ったときに、偶然、同じく就職活動をしている友人に出会いました。

私の就職活動の方針を話したところ、「そういう観点なら『技術商社』がいいと思う。この間、大学の就職説明会で来ていたリンクスという会社がよさそう」と紹介してくれました。
「画像処理」に全く精通していませんでしたが、飛び込んでみようと思い。リンクスのHPの採用ページから申し込みました。これがリンクスとの出会いです。

その後、リンクスに訪問したときに思った印象は、ベテランの社員はもちろんのこと、若い社員も、大きなプロジェクトを任されていることがわかり、ここで働いてみたいという気持ちが強くなりました。何よりも社員一人一人のミッションが技術に精通しているだけでなく、それを売るところまで任されているところに、魅力を感じて、ここで働こうと思いました。

リンクスで働いて

リンクスで働いて

初めてお客様対応を行ったのは、入社して2か月目でした。若いうちから裁量を持った働き方をしたいと考えてはいましたが、まさか、2か月目で対応できるとは!と非常に衝撃的でした。

私は、現在すべての製品を担当している部署にいます。主な仕事は、技術サポートとお客様のニーズに応じた提案です。この仕事の面白みは、製品に対する知識、プログラミング力、一般的なPCのスキルを向上させることが、直接、お客様にとって価値になるところです。例えば、技術的な問い合わせに対して、素早く的確に答えられることで、お客様は安心して、リンクスの製品を使うことができます。また、お客様と電話やメールでコミュニケーションを取ることも重要です。そのコミュニケーションの中で、本当に抱えている問題は何かを突き止め、最適な提案をしていくことが、お客様にとって価値のある提案となります。

技術力とコミュニケーション力、双方を磨くことが大事と“実感できる”場面が多々あり、日々、自身の能力向上に励む毎日です。

オフには・・・

ドイツ研修での1コマ ドイツのビールは大きいですね

ドライブで出かけるのが好きで、温泉に行ってゆっくりしたり、観光したりしています。

このページを見ている方に

リンクスは、まぎれもなく若手に裁量権のある会社です。また、技術商社ですので、世界最先端の商品を普及させることに重点が置かれます。開発エンジニアではなく、売上を意識できるエンジニアとして働きたい。世界最先端の技術を普及させることで社会貢献をしたいと考えている方へ最適な職場です。

是非、私たちと一緒に働きましょう。