適用事例

四角形部品の計測

画像処理により対象物の様々な形状を高精度に計測するには、サブピクセル精度で対象物のエッジ情報をうまく抽出する必要があります。また、取得したエッジ情報から興味の対象となるエッジを選別したり、エッジを部分的に分割したり、もしくは直線的・曲線的に隣接するエッジ同士を結合するといった作業が求められます。そして、最終的にこれらのエッジを四角形や円、直線近似することで、サブピクセル精度による高精度な計測が実現できます。

関連製品情報はこちら

その他「半導体/IC」関連適用事例