適用事例

印刷検査

印刷物の品質検査を行う場合、良品の画像と重ね合わせて差分をとることで欠陥部分を抽出するという画像差分の手法が一般的によく用いられます。しかしこの方法では、検査画像が良品の画像と全く同じでなければ過検出してしまうという問題点があります。文字の太り細りや微妙な位置関係のずれなど、良品とは多少異なるけれども良品としたいという場合、HALCONでは、ある程度の許容を持たせた良品モデルを作成して差分に使用することで対応することができます。この方法をバリエーションモデルと呼びます。ここでは、バリエーションモデルを用いた印刷物の品質検査の例をご紹介します。

関連製品情報はこちら

その他「物流・パッケージ」関連適用事例