適用事例

錠剤検査

HALCONにはモフォロジー処理用のオペレータが非常に多く用意されています。特に領域の膨張や縮小といった処理は、一般的には処理時間が多大にかかってしまいますが、HALCONでは領域の定義を工夫することにより処理速度の大幅な高速化が可能です。

ここでは非常に有用なモフォロジー処理の中でも、オープニングという操作を用いた事例を紹介します。オープニングとは、一旦領域を縮小してから同じ分だけ膨張して元に戻す操作のことです。HALCONでは円状に縮小させるか、矩形状に縮小させるかなど、縮小させる形状もいくつか用意しています。この処理によって、縮小半径(または矩形の辺のそれぞれの長さ)以下の領域を除去することができます。

関連製品情報はこちら

その他「医療/製薬」関連適用事例