適用事例

ギア

輪郭線が波打っている場合、従来の手法で輪郭を楕円近似すると、波の影響により位置ズレが発生します。しかしHALCON7.1以降、幾何学的手法に基づく楕円近似アルゴリズムが追加され、このような状況下であっても正確に計測できるようになりました。要求によっては波打った部分の影響を考慮した方が良い場合もあり、その際には従来の手法と使い分けることで柔軟に対応することができます。

関連製品情報はこちら

その他「自動車/航空宇宙,金属/加工」関連適用事例