適用事例

エアキャップ

HALCONではXLD(Extended Line Description)と呼ばれるデータ形式を用いることによって、対象のエッジ情報をサブピクセル精度で計測することが可能です。さらにこのXLDデータは高精度な情報であるにもかかわらず容易に扱うことができます。

ここではHALCONで用いられるXLDデータの扱い方の一例として、エアキャップの品質検査の事例を紹介します。一見扱いが難しそうなXLDデータですが、下に示す操作それぞれが関数一つ実行するだけで実現可能であり、容易に扱うことができます。

関連製品情報はこちら

その他「樹脂/セラミックス/フィルム」関連適用事例